« 可能性の見える敗戦 | トップページ | Wのキシリトールガム」 »

2010年6月20日 (日)

上半期ベスト「告白」

映画『告白』、巷でささやかれているように問題作かつ傑作です。原作は1年以上前に読んでいましたが、この映画、実に原作に忠実です。それなのに、原作とは別ものに感じられるという不思議な仕上がりです。やはり中島哲也監督・脚本。あの『嫌われ松子の一生』のようなドロドロ暗い話を、ポップなエンタテインメントに仕上げた禁じ手の王者が、今度は別の方法論で、しかしながら更に深化した映画をものにしました。話題の原作をここまで見事に映像化した例も数少ないでしょう。

原作のなんとも飲み心地の悪い「毒」が、ここでもきっちり「毒」として存在して、それでいてワクワクするほど面白いのです。第一に「脚本家」」としての中島哲也の力量が見事です。あの原作をこう映画化したという、その正統派の技術が素晴らしい出来。 そして演出家としての中島哲也が、今回は非常に抑制の効いたストロング・スタイルで、原作をねじ伏せています。いつもの中島らしさは、“That's the way・・・”のダンス・シーンと、直樹くんが引きこもっているところの描写に出ていましたが、それよりも本作のグレイッシュ・ブルーの暗く冷たい映像と時折見せるスローモーションが、この『告白』のトーンを決定づけています。 そこで描かれる中学生や親たちの姿から、今の日本のあらゆる病理が見えてくるように思えますが、そのような社会派的な問題意識などとは隔絶したところでエンタテインメントとして闘っている凄さが本作のキモです。もちろん黒板に大書された「命」の重みを考えるための作品では、さらさらありません。

全編を通じて、中島監督が映像を信じているってことが強烈に伝わってきます。いつものカラフルポップな映像という武器を、今回はより研ぎ澄まし、削ぎ落としたVFX映像によって、映画そのものに迫ります。そこには人間そのものも、2010年の日本そのものも映し出されています。 日本映画史に残る傑作であり、邦画洋画合わせた小生の上半期ベスト作品です。

p.s. 美月役の橋本愛ちゃんは、今後ぜったい出てきますよー。

|

« 可能性の見える敗戦 | トップページ | Wのキシリトールガム」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/35381786

この記事へのトラックバック一覧です: 上半期ベスト「告白」:

» 告白 [LOVE Cinemas 調布]
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃が出演している。監督は『パコと魔法の絵本』の中島哲也。独特の映像表現にも注目だ。... [続きを読む]

受信: 2010年6月20日 (日) 23時42分

» お好み焼「きじ」 & 「告白」 [東葛brass(29) blog]
スジ焼@お好み焼「きじ」丸の内店 たしかスジ焼 ----------movie 112---------- 映画「告白」 いつものワーナー千葉NTで鑑賞。 平日昼過ぎでしたが、3割程度の入り。 比較的人気がありそうです。 湊かなえ原作の同名小説「告白」の映画化版 ジャンルとしてはミステリ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 00時36分

» 告白 [そーれりぽーと]
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのクラスを去る女教師が淡々と語り始めた。 内容は娘の死に関する衝撃的過ぎる告白! 女教師の告白から先80分、ショックの連続に呼吸を忘れそうになりながらの鑑賞。 教育の場が直面してるであろう問題を提起しつつ、目に見える痛みはいかにも問題として描きな... [続きを読む]

受信: 2010年6月22日 (火) 00時08分

» 告白 [Akira's VOICE]
命を知るための課外授業。   [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 10時18分

» 「告白」えげつない…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とある中学校の三学期の終業式。1年B組の担任である森口悠子(松 たか子)は、殆んど話を聞こうとしない生徒たちを前に『2月に校内のプールで溺死した一人娘の愛美は、実は事故死ではなく、このクラスの生徒2人によって殺された』と“告白”する。騒然とな... [続きを読む]

受信: 2010年6月23日 (水) 10時46分

» [映画『告白』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だが、私にはそれ程でもなかったので、短信で充分だ。    ◇  私は予告編で見て、この作品は、女教師が幼い娘を生徒に殺される内容だと知り、その娘がかなり強烈な殺され方をするようなので、観に行くのを躊躇していた。  子供が殺される映画は不謹慎だ、... [続きを読む]

受信: 2010年6月24日 (木) 06時42分

» 『告白』 [グドすぴBlog]
俺は・・・牛乳に負けたのかも、知れねぇな・・・ いやぁ、なかなか面白かったよ。 原作本も立ち読みでざっと斜め読みした事があった... [続きを読む]

受信: 2010年6月26日 (土) 11時26分

» 告白 [映画的・絵画的・音楽的]
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜか敬遠してしまっていたところ(第2位の『ゴールデンスランバー』の方を読みました)、この映画もサスペンス仕立てですから読まずにいて正解でした!  作品のごく簡略な粗筋は、中学教師である森口悠子(松たか子)が、自分の最愛の娘を、担任していたク... [続きを読む]

受信: 2010年7月18日 (日) 06時53分

« 可能性の見える敗戦 | トップページ | Wのキシリトールガム」 »