« サンマルクの「ミルクロ」 | トップページ | 森永「小枝」×ミスド »

2010年9月22日 (水)

「勝手にふるえてろ」、ちょっと肩すかし

100921_2331018月に出た綿矢りさの『勝手にふるえてろ』、読みました。文字大きいし、行間広いし、嵩高(かさだか)紙だし、文章易しいし、160ページほどだしで、あっという間とは言わないけど、パパッと読めちゃいました。

うーん、チャレンジングだった『夢を与える』の凄味に較べると、かなりの肩すかし感で、アレレ? まあ元の路線に戻ったと言えば言えるのでしょうが・・・、いや、元よりもライト・ノベル感が強いですね。まあ悪いとは言いませんが・・・、綿矢さん自身この主人公のように、いろいろ壁にぶつかったり悩んだりってことなのでしょうか。なにせ26歳っていう同い年の設定ですし。この主人公も相当迷走していましたが、綿矢さんも迷走中なのかなあ(でもTVドラマの原作にはピッタリな感じですけど)。

それにしてもなぜこのタイトルなのか? 作中1か所だけ「勝手にふるえてろ」って出てくるけど、エンディングからはだいぶ前の重要度の低そうな所にさりげなく、なんですよね。話全体の方向性とも関係ないし。へんなの。 

|

« サンマルクの「ミルクロ」 | トップページ | 森永「小枝」×ミスド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/36862483

この記事へのトラックバック一覧です: 「勝手にふるえてろ」、ちょっと肩すかし:

« サンマルクの「ミルクロ」 | トップページ | 森永「小枝」×ミスド »