« 渋谷駅前の瓦礫(がれき) | トップページ | ウィルスに気をつけよう »

2010年9月15日 (水)

「ハナミズキ」、ちょっと残念

335875_001

映画『ハナミズキ』は今どき珍しいほどベタベタなラブストーリー。むしろメロドラマ。約10年にわたる愛の軌跡を、正攻法で綴ります。でもねえ、映画としてはかなり平凡な出来になってしまいました。 王道的な展開からはみ出すことなく、つまり意外性も妙味もなく最後まで進行します。 それでも演出の手腕とか役者の輝きとかがあれば、結構良い作品に仕上がるものなのですが、うーん、ちょっとねえ。まあ「死病もの」でないあたりが救いなのですが・・・。

335875_005

新垣結衣は不安そうな顔や悲しそうな顔や仏頂面してる時と、歯を見せたガッキー・スマイルでニコッとした時との落差が大きいですよねえ。

005

いつも笑っていて欲しい人です。高校生からNYのキャリアウーマンまでを演じてましたが、NYのシークェンスは英語しゃべらなきゃいけないもんで、なんか「いっぱいいっぱい」な感じでした。年相応で似合っていたシューカツの場面とかは短かったしねえ。

薬師丸ひろ子がガッキーの母親ってのも、顔の系統違いますよねえ。肌の色も黒と白だし。薬師丸さん、『今度は愛妻家』の時はかなりいい感じで久々に素敵だったのに、本作ではメイクや皺がかなりイタイ感じでした。うーむ。

向井理が出てるのは、水木しげる→ハナミズキっていう「ミズキつながり」でしょうか??

全編を通して何度も出てくるハナミズキの木が、妙に造花っぽかった(そう見えた)のも残念でした。

|

« 渋谷駅前の瓦礫(がれき) | トップページ | ウィルスに気をつけよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/36723757

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハナミズキ」、ちょっと残念:

» ハナミズキ [LOVE Cinemas 調布]
2004年にリリースされた一青窈のヒット曲「ハナミズキ」をモチーフに、『涙そうそう』、『恋空』のスタッフが贈るピュアラブストーリー。主演は『恋空』、『BALLAD 名もなき恋のうた』の新垣結衣と『人間失格』の生田斗真。共演に薬師丸ひろ子、向井理、松重豊、蓮佛美沙子といった若手とベテランの実力派が揃う。監督は『いま、会いにゆきます』の土井裕泰。... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 00時19分

» ハナミズキ (上) [WEBLOG:e97h0017]
本作を観終わった直後、私は映画やドラマを観ても、もう絶対に浸ることができないと思っていた感覚を久々に堪能していることに気がつきました。その種の感覚というものは、映画やドラマを自分なりの主体的な価値基準で観ることができるようになった10代の頃にはしばしば体感したものですが、... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 13時29分

» ハナミズキ (下) [WEBLOG:e97h0017]
TBSテレビ所属の土井裕泰監督は、1990年代後半から2000年代初頭にかけて、ベテランの生野滋朗監督とともにヒットドラマを数多く手がけて、TBSのドラマ黄金時代に大きく貢献したディレクターのひとりです。土井監督はすでに映画監督としても複数の作品を世に送り出しており、... [続きを読む]

受信: 2010年9月15日 (水) 13時31分

» ハナミズキ [映画的・絵画的・音楽的]
 今旬な女優の一人である新垣結衣の主演作と言うことで、『ハナミズキ』を吉祥寺に行って見てきました。 (1)ヒットした歌の題名をタイトルにする映画ならば、内容自体は期待しない方がいい、というのが通り相場ですし、旬な俳優の主演作ともなればその感は一層強まります。  この映画もご多分に漏れず、主人公の紗枝を演じる新垣結衣を、どうしたら一番綺麗に格好良く映像として映し出せるのか、を専らの狙いとしているように見受けられます。  とすれば、日本では全然就職先が決まらなかったにもかかわらず、どうしてニューヨーク... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 06時24分

« 渋谷駅前の瓦礫(がれき) | トップページ | ウィルスに気をつけよう »