« 「ヘヴンズ ストーリー」:278分1本勝負 | トップページ | アイコンチキンのジャーマンソーセージ »

2010年10月24日 (日)

「乱暴と待機」:ヘンな映画大好き

336483_002

映画『乱暴と待機』、予告編が相当にヘンでそそられましたが、本編も期待通りヘンで面白かったです。 本谷有希子原作の映画ってことで言えば、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』よりも、こっちの方が好きですねえ。屈折しまくってます。悪意とシュールなおかしみが、スリリングな笑いを336483_001生んでいます。 そもそもタイトルがハンパないすよね--乱暴と待機。うーむ。

登場人物はほとんど4人。場所もほとんど市営住宅と、当然ですが舞台劇的。その中で濃密に繰り広げられる芝居は、もう4人のヘンなキャラ合戦の様相を呈していて、笑えます。当たり前過ぎる台詞を直球棒読みの浅野忠信。サバサバと暴力的な小池栄子。ダメダメで姑息な山田孝之。 

336483_006

しかしチャンピオンは、オドオドと顔色をうかがい愛想笑いを浮かべる美波でしょう。登場場面のほとんどが霜降りグレーのスエット上下に地味メガネ。ちょっと仲間さんのヤンクミを思わせたりもしますが、もっと病的でヤバイ感じ満載です。小生は彼女の舞台『エレンディラ』(蜷川幸雄演出)を観ていますが、あの彫りの深いゴージャスな顔の美波が、地味地味に演じているからこその味もありますね。好事家にはたまらんところでしょう。浅野忠信への「おにいちゃん」という呼びかけなんて・・・!

336483_007 監督の冨永昌敬は『パビリオン山椒魚』『パンドラの匣』、そしてコレと、ホップ・ステップ・ジャンプで良くなっております。ヘンな持ち味には今後も期待大。 復讐をめぐる人間ドラマ(?)としては、『ヘヴンズ ストーリー』よりもこっちの方が、小生好みのテイストなんであります。

|

« 「ヘヴンズ ストーリー」:278分1本勝負 | トップページ | アイコンチキンのジャーマンソーセージ »

コメント

これは期待してた以上に面白かったです。
小池栄子が凄いw。妊婦なのに奈々瀬ちゃんをお腹で小突いたりしてw。あけすけなあずさ役にぴったり。最初は「嫌な女だなぁ」と思ってたら段々可愛くみえたり。

奈々瀬が苛ついたw。浅野忠信はメジャーな作品よりこういう小粒的なのが好きなのかも・・と思ったな。テアトル系の映画館だからヒットしてもたかがしれてるよなぁ。

投稿: ブリ | 2010年10月29日 (金) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/37376533

この記事へのトラックバック一覧です: 「乱暴と待機」:ヘンな映画大好き:

» 乱暴と待機 [LOVE Cinemas 調布]
劇作家・本谷有希子の戯曲を映画化。とある平屋の住宅街を舞台に一組の夫婦と一組のカップルの奇妙な四角関係が繰り広げられる。出演は『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ 』の浅野忠信、『逃亡くそたわけ-21才の夏』の美波、『パーマネント野ばら』の小池栄子、『十三人の刺客』の山田孝之。監督・脚本・編集の三役を『パンドラの匣』の冨永昌敬が務める。... [続きを読む]

受信: 2010年10月24日 (日) 23時31分

» 乱暴と待機 [映画的・絵画的・音楽的]
 映画の原作者に関心があることもあって、『乱暴と待機』をテアトル新宿で見てきました。 (1)本谷有希子氏の作品に... [続きを読む]

受信: 2010年11月 7日 (日) 07時07分

» 冨永昌敬監督インタビュー:映画『乱暴と待機』について [INTRO]
本谷有希子は演劇界と文学界の両方で注目を集める才能で、映画化作品に「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」があるが、「乱暴と待機」が映画化され公開中である。「覗くこと」と「覗かせること」というという歪んだ愛情表現でしか愛を表現できない男と女と、一組の夫婦の奇妙な関係を描き、浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之の4人が濃密なアンサンブルを見せてくれる。監督は「パビリオン山椒魚」「パンドラの匣」などの異才である冨永昌敬。その冨永監督に話しをうかがった。 テアトル新宿他全国にて絶賛公開中!!... [続きを読む]

受信: 2010年11月17日 (水) 12時06分

« 「ヘヴンズ ストーリー」:278分1本勝負 | トップページ | アイコンチキンのジャーマンソーセージ »