« キューブシュークリーム | トップページ | 「THE LAST MESSAGE 海猿」:作品が大浸水です »

2010年10月10日 (日)

「ブロンド少女は過激に美しく」に驚く

337376_001

映画『ブロンド少女は過激に美しく』は、現在101歳のポルトガルの巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ監督の新作。64分のコンパクトさですが、なんともかんとも人を食ったような不思議な作品です。具体的には書けませんが、世の中どこに落とし穴が待ち受けているか分からないとでも申せましょうか・337376_005・・。

短編小説の味わいで終始展開し、短編小説のような結末を迎えるわけですが、これを映画でやられるとなんだか奇妙。そしてあまりにも淡々と語られる意外な結末の後、映画はストンと幕を下ろします。多くの人は心の中で「え?!」と驚くことでしょう。これで終わるんですかい?? タイトルロールの背景の“走り去る列車”を茫然と見ているうちに、じわじわと「なるほどねえ。」感が出てきて、哀感とユーモアがない337376_002まぜになったような心情に満たされます。ある意味、衝撃のラストと言えるかも知れませんし、ある種の怪作ですらあります(まあ、それを期待して観たら、ちょっと違うんですけど)。終映後の客席も、微妙な空気でした。 やるね、じいさん。

|

« キューブシュークリーム | トップページ | 「THE LAST MESSAGE 海猿」:作品が大浸水です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/37171333

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブロンド少女は過激に美しく」に驚く:

» ブロンド少女は過激に美しく [LOVE Cinemas 調布]
撮影中に100歳の誕生日を迎えた巨匠マノエル・デ・オリヴェイラ監督がエサ・デ・ケイロスの短編小説をモチーフに映画化。とある男が列車で隣の席に座った婦人に、自らの衝撃的な体験を告白する様子を回想を中心に描いている。主演は監督の孫のリカルド・トレパ。驚きの結末に注目。... [続きを読む]

受信: 2010年10月14日 (木) 16時41分

« キューブシュークリーム | トップページ | 「THE LAST MESSAGE 海猿」:作品が大浸水です »