« アイコンチキンのカルボナーラ(どろどろなんです) | トップページ | 「行きずりの街」:ダメダメじゃん »

2010年11月24日 (水)

「リミット」:絶望的シチュエーション

337428_001

映画『リミット』、原題は“Buried”(埋められて)ですよ。キャッチコピーは「目覚めたら土の中」ですよ。うわ、いやですねー。こんな絶望的なシチュエーションはありません。 以前『SAW ソウ』第1作が公開された時のフレーズに「ソリッド・シチュエーション・スリラー」ってのがありましたが、本作もまさにそうですね。

337428_004

ワン・アイディアものとしては『オープン・ウォーター』とか『フローズン』とかの絶望感に近いものもありますが、本作は土中の棺の中という、最高にシンプルで極端な設定にも関わらず、それを展開させるアイディアの点ではかなり頑張っています。ジッポー・ライターと(誰かの)携帯電話だけがあって、どこへかけても要領を得ず・・・以降は、なかなか知恵を振り絞らないと書けないホンだと思います。

337428_003

95分間、棺の中だけ(外部のシーン一切ナシ!)なのに、次から次へと危機が迫り来る展開には感心します。相当な低予算でもありますよね。

(以下ネタバレあり)

ただ、疑問点やツッコミ所も多々あります。ジッポー、熱くなって大変なんじゃないか? とか、すぐ酸素なくなるんじゃないか?とか、(蛇の場面で)あんな所で火をつけたら、煙やら何やらで窒息しちゃうんじゃないか?とか、あんな早口で話したら、イラクのカタコト英語の人は聞き取れないんじゃないか?とか・・・。

337428_006

やはりラストには「ひえー!」と唖然としながら、笑っちゃいました。そりゃないよなー。 笑ったといえば、「おお携帯があるぞ!やった!」ってんでかけようとしたら、わけのわからんアラビア文字ばかりが出て来た場面、けっこうツボでした。ギャグですよ、コレ。

101122_223801

シネセゾン渋谷のロビーには、宣伝用の棺が置いてありました。曰く「(自己責任において、)ご自由にお入りください・・・・・ ※念のため携帯電話をお忘れなく」だって。

101122_223802_2

|

« アイコンチキンのカルボナーラ(どろどろなんです) | トップページ | 「行きずりの街」:ダメダメじゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/37813783

この記事へのトラックバック一覧です: 「リミット」:絶望的シチュエーション:

» [リミット] [LOVE Cinemas 調布]
イラクで民間企業の運転手として働いていた男が目覚めるとそこは棺の中だった…。生き埋めにされた彼が棺の中にある僅かな道具で脱出を試みるというワンシチュエーション・スリラーだ。主演は『あなたは私の婿になる』のライアン・レイノルズ。監督はデビュー2作目のロドリゴ・コルテス。極限状態に置かれた人間、しかしそれを助ける側は普通の状況と言う対比に引きこまれる。 ... [続きを読む]

受信: 2010年11月24日 (水) 01時45分

» 【映画】[リミット] [★紅茶屋ロンド★]
<[リミット] を観て来ました> 原題:Buried 製作:2009年スペイン ←クリックしてね♪ランキング参加中 目覚めたら、土の中… そんなキャッチコピーが目を引いたこの作品。 主演は「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」「あなたは私のムコになる」のライアン・レイノルズ。 彼は今年のセクシー俳優№1に選ばれました! 目が覚めるとあたりは真っ暗。どうやら狭い木の箱の中に横たわっているようだ… なんだか息苦しい。叩いてみると、埋められてしまっているようだ… パニック。 ふと、手に触れる... [続きを読む]

受信: 2010年11月27日 (土) 11時00分

» リミット [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:映画、本編終わったら席立つ?エンドロールまでいる? 参加中 私はエンドロールまでいる 派! 映画を観る会、今年最後の作品のチョイスは私です。 「目が覚めたら棺桶の中。果たして彼は脱出できるのか?」 面白そう! これに決めました。 最近、映... [続きを読む]

受信: 2010年12月17日 (金) 00時24分

» 映画:リミット [よしなしごと]
 主人公が動ける範囲、約0.4m3。限られた場所、限られた時間、極限の状態を描いたリミットを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年12月18日 (土) 11時59分

« アイコンチキンのカルボナーラ(どろどろなんです) | トップページ | 「行きずりの街」:ダメダメじゃん »