« ジャーンの退団 | トップページ | 番外編<その2>唐戸~門司 »

2010年11月10日 (水)

番外編<その1>下関(唐戸)の建築

101105_142501「東京温度」としては“番外編”の扱いとなりますが、先日行って来た山口県は下関の唐戸地区について少々レポート。

101105_135101

まずは重要文化財の「旧英国領事館」を見ようとしたら、現在は長期にわたり保存修理工事のため休館中(平成20年12月末から5年間)で、工事囲いがかかっていました。

で、代わりと言っちゃあなんですけど、こちらの見事な建築が「旧秋田商会ビル」。

101105_135001

大正4(1915)年の竣工だそうですが、何が凄いって、世界最古と言われる屋上庭園があるのです。その上、茶室まであるそうです。ただ屋上は一般には開放されておらず、外側から遠景で望むことしかできません。 

で、凄いこと②としては、2階、3階には広い和室があるってこと。この外観で街中な101105_141201のに・・・、びっくりです。 秋田商会は明治38(1905)年の創立で、木材取引などの商社活動と海運業を営み、台湾、朝鮮半島、満州にも進出した、下関を代表する企業だったそうです。 現在は1Fが下関観光情報センターになっています。

101105_135301

ちなみにお隣は「下関南部町(なべちょう)郵便局」。明治33(1900)年に建てられた下関に現存する最古の西洋建築であり、また現役の郵便局舎としては国内最古のものだそうです。当然ポストはこれでなくちゃね。

101105_143701

そこから徒歩5分ほどの所には「田中絹代ぶんか館」。↓ アールデコ調の、きれいな建

101105_143501

物です。残念ながら時間が無く、中には入りませんでした。

|

« ジャーンの退団 | トップページ | 番外編<その2>唐戸~門司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/37602667

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編<その1>下関(唐戸)の建築:

« ジャーンの退団 | トップページ | 番外編<その2>唐戸~門司 »