« 謎の居酒屋忘年会チラシ | トップページ | 深津絵里in「春琴」再演の高み »

2010年12月 4日 (土)

竹内まりや10年ぶりのライブ

Dsc_0013

日本武道館で竹内まりや10年ぶりのライブ、『souvenir again』を見ました。大江戸は10年前のやつはチケットを入手できず、ライブCDやその写真で知るのみなのですが、何せ'82年のファイナルライブ@新宿厚生年金会館を見ておりますので、28年ぶりのまりやさんのライブってことになります(年がバレる話ですね)。

オープニングアクトに杉真理のバンド「BOX」が登場。うーん、杉さん久々に見たけど、ああいう童顔の人が年取るのって難しいですね。

そしていよいよまりやさんの登場。ステージ装飾のドレープ・クロスに呼応するかのようなスカート(後にドレスとなる)に黒ブーツ。双眼鏡で見ると、さすがに10年前のライブの写真よりは年を経たわけですが、でも55歳には見えない若々しさです。バックバDsc_0014ンドは山下達郎をはじめ、佐橋佳幸、伊藤広規など一流どころ。 1曲目は「家に帰ろう マイ・スイート・ホーム」、続いて「毎日がスペシャル」とゴキゲンです。

新曲として「チャンスの前髪」「ウイスキーがお好きでしょ」「人生の扉」などはありましたが、他は異常なほど(CDで知る)10年前のツアーと同じ曲目。おかげで、新鮮味にはちょっと乏しいのです。聞きたい曲はもっといろいろあるのにね。何せ「不思議なピーチパイ」~「セプテンバー」のメドレーなんかまで同じでしたもん。 演奏のレベルや音質は高かったです。さすがに達郎さんがついてますから。まあ、まりやさん自身は出だしを間違えたり音が外れたりのミスがちょこちょこあったのですけど、それを補って余りあるシンガーだなあと再確認できました。 アンコールでは、乗馬服を思わせる白パンツに真っ赤なセーター(フロントに「M」の字)で、若々しく躍動していました。

圧倒的な感動や興奮は無かったものの、ハートフルでフレンドリーで素敵なライブでした。 還暦と言わず、またやってくださいね。

|

« 謎の居酒屋忘年会チラシ | トップページ | 深津絵里in「春琴」再演の高み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/37947650

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内まりや10年ぶりのライブ:

« 謎の居酒屋忘年会チラシ | トップページ | 深津絵里in「春琴」再演の高み »