« 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」:お酒はほどほどにね | トップページ | クリスマスにお願いする人々 »

2010年12月21日 (火)

救われない歌詞の名曲

山下達郎の『クリスマス・イブ』、なかなか辛い歌ですよね。「きっと君は来ない」歌ですし、「・・・君への思い、かなえられそうもない」歌ですから。なのになぜ、ああも美しく、何度も繰り返し聴きたくなる曲なのでしょうか。マジックです。

これの究極バージョンが、ギルバート・オサリバンの『アローン・アゲイン』。過ぎ去りし恋を懐かしむような曲相なんですけど、実は・・・暗い暗ーい歌詞です。へんなの。 ↓

http://www.eigo21.com/03/pops/alone.htm

でも何度でも聞きたくなる名曲なんですよねー。マジックです。

|

« 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」:お酒はほどほどにね | トップページ | クリスマスにお願いする人々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/38155329

この記事へのトラックバック一覧です: 救われない歌詞の名曲:

« 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」:お酒はほどほどにね | トップページ | クリスマスにお願いする人々 »