« 深津絵里in「春琴」再演の高み | トップページ | FC東京の降格 »

2010年12月 5日 (日)

「マザーウォーター」:癒しのBGV的映画

336698_008

映画『マザーウォーター』は、とにかく「ゆったり」です。このキャストですと、当然『かもめ食堂』や『めがね』の線を狙っているのでしょうけど、それら以上に終始ゆったりした世界です。

004_2

豆腐とウイスキー(水割り)とコーヒー、それぞれに「水が命」。人々のあっさりさっぱりした性格と日常の営みも、まさに水の如し。でも一本調子なんだよねえ。それでは映画として機能しません。まあ癒しのBGVとして、なんとなく流しておくのにはいいのかも知れませんが・・・。

とにかく限られた登場人物たちが、ゆったりとした暮らしの中で飲んだり食べたり子供と遊んだりを繰り返すのみ。こんなんで、この人たちの生活って成り立っていくのかしらん?と心配したりするのは大きなお世話なんでしょうか。 また京都を舞台にしているのに、みんな標準語ってのも、不思議な世界ですよね(もっとも、この世界に関西の言葉は似合わない気がいたしますが)。

001

それでも澄み切った映像に、気持ちのいい風は吹き抜けていくのですけどね・・・。 ゆったりで気持ち良過ぎて、眠くなること必至です。

そして豆腐やコーヒーもさることながら、ウイスキーが飲みたくなること必定の映画ではあります(ただ、あのバー、広めのカウンターはいいけど、ちょと明る過ぎるなあ)。

002

|

« 深津絵里in「春琴」再演の高み | トップページ | FC東京の降格 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/37970335

この記事へのトラックバック一覧です: 「マザーウォーター」:癒しのBGV的映画:

» マザーウォーター [LOVE Cinemas 調布]
京都を舞台にゆったりとした流れの中で豊かな生活を送る人々を描いた作品だ。『かもめ食堂』、『プール』を手がけた製作チームが集結し、今回は松本佳奈監督が演出を務めた。出演は小林聡美、もたいまさこ、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子といった実力派が揃う。独特の京都の街並みや、何気ない風景、そして川のせせらぎに癒される。... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 23時39分

» 『マザーウォーター』 [シネマな時間に考察を。]
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。 世の中にある人とすみかとまたかくの如し。 人生は、あすもどこかで“営業中” 『マザーウォーター』 2010年/日本/105min 監督:松本佳奈 出演:小林聡美、小泉今日子、加瀬亮、市川実日子、もたいまさこ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 6日 (月) 12時10分

» ほっこりというよりはまったりな感じの映画『マザーウォーター』。 [ブロ☆はじ。《β版》]
新ピカでやってた秋のほっこり映画三部作(?)の最後である『マザーウォーター』を観ましたw。出演陣が『めがね』メンバーなんで荻上作品かな・・と思いつつw。違いましたが。やはり似ているようで違うんだよね。美味しそうな食材出てくるがやっぱり違う。お料理コーデ…... [続きを読む]

受信: 2010年12月 7日 (火) 15時55分

« 深津絵里in「春琴」再演の高み | トップページ | FC東京の降格 »