« 「バーレスク」:パフォーマンスは一流だけど・・・ | トップページ | 救われない歌詞の名曲 »

2010年12月19日 (日)

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」:お酒はほどほどにね

100908_yoigasametara_sub1

映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』、いやーコワイですね、アルコール依存症。大量吐血しようが、内蔵ボロボロ頭スカスカになろうが、やめられないんですね。 全体的にそんなにシリアスなタッチで描いてはおらず、むしろコミカルなトーンすら漂わせているのですが、この病気の絶望的な怖さは伝わります。

100908_yoigasametara_sub4

浅野忠信演じる主人公が、一旦は断酒したものの、奈良漬から始まってビール、焼酎へとエスカレートしていくさまが恐ろしいです。

100908_yoigasametara_sub3

マンガ家の妻(西原理恵子がモデル)を演じる永作博美は、ここ数年何を演じても見事です。アベレージ高過ぎるほどです。いわゆる“演技”の類型には決して堕せず、全く独特のアプローチで、天才を見せつけてくれます。その緩急自在なドリブルは、メッシを思わせるものだと思います。

100908_yoigasametara_main

東陽一監督の名を聞いたのも久しぶりです。2000年代になってからも数本撮っていて、6年ぶりの新作となりますが、まあ注目されるような作品は'92年の『橋のない川』あたりまでさかのぼるんじゃないでしょうか。 いくつか「どうなんだろ?」って演出もありますけど、全体的には悪くない出来ではないでしょうか。

それにしても西原映画、ここ数年で『ぼくんち』『女の子ものがたり』『いけちゃんとぼく』『パーマネント野ばら』、本作、そして公開待機中の『毎日かあさん』と目白押しです。どうなっちゃってるんでしょ?

|

« 「バーレスク」:パフォーマンスは一流だけど・・・ | トップページ | 救われない歌詞の名曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/38141472

この記事へのトラックバック一覧です: 「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」:お酒はほどほどにね:

» 酔いがさめたら、うちに帰ろう。 [LOVE Cinemas 調布]
漫画家・西原理恵子の元夫で戦場カメラマンの鴨志田穣が、自身のアルコール依存症からの立ち直りを綴った同名小説を映画化。主演は『乱暴と待機』の浅野忠信。共演が『人のセックスを笑うな』の永作博美。監督は東陽一。懸命に依存症と戦う主人公と、それを支える家族の姿に胸打たれる。... [続きを読む]

受信: 2010年12月19日 (日) 23時45分

« 「バーレスク」:パフォーマンスは一流だけど・・・ | トップページ | 救われない歌詞の名曲 »