« 今日の点取り占い142 | トップページ | BRUTUSの「男の作法」 »

2011年1月15日 (土)

薄氷のシリア戦(中東は何でもアリ)

ザック・ジャパンのアジアカップ第2戦、対シリアはかなり危ない試合で、まさに冷や汗ものの勝利でした。それもこれも全般的に流動的な動きが足りないからであって、1点目のゴールシーンは何人もが流動的にからんだからこそ決まったゴール。とりわけ香川の切り返しは見事でしたし、本田の強さと粘り、松井の落ち着いたクレバーさも光っていました。こういうシーンをもっと見たかったところです。

問題の川島レッドカード場面は、その判定自体もさることながら(中東で中東のチームと戦う時にはどんなことでも起こります)、原博美技術委員長ら日本協会が抗議するとか言っておきながら、「試合終了後2時間以内に抗議文書を提出する」条件を知らなかったため、遅れて出した抗議文は正式には受理されず、参考程度に受け取ってもらえて、当然判定はそのままというお粗末。そりゃないよなー。川島ら選手たちがかわいそうです。世が世なら切腹ものではないでしょうか。

ただ、審判の負い目のなせる技か、岡崎がかなりラッキーにPKを与えてもらって、それを蹴った本田のシュートも本人が言ってたように危ないところでしたが、幸運にも横っ跳びの股抜きになって、まあ結果オーライ。

意外にもザッケローニ・ジャパンの公式戦初勝利(って、ご本人も指摘されるまで気づいてなかったようですが)だったんですよね。 まあ一試合ごとに連携もできていくでしょうから、次がまた楽しみです。

|

« 今日の点取り占い142 | トップページ | BRUTUSの「男の作法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/38471281

この記事へのトラックバック一覧です: 薄氷のシリア戦(中東は何でもアリ):

« 今日の点取り占い142 | トップページ | BRUTUSの「男の作法」 »