« 2011年のはじめに | トップページ | 今日の点取り占い141 »

2011年1月 3日 (月)

「ノルウェイの森」:原作通りだけど・・・

336172_001

映画『ノルウェイの森』をようやく観ましたが、村上春樹ファンとしてもトラン・アン・ユン・ファンとしても物足りない出来。 ちょっと原作に忠実すぎて、映画としての自由度や跳躍が足りませんでした。 あのトラン・アン・ユン独特の瑞々しくも水と緑が印象的な艶っぽい映像美が欠落していましてねえ。

336172_006 台詞にしてもナレーションにしてもハルキ節全開で、それを松山ケンイチがかなり見事に(無理なく)発声しているのですが、そうは言っても映画と小説は違いますからねえ。

336172_003

菊地凛子は今29歳。さすがに二十歳の直子を演じるのにはちょっと無理があるんじゃないかなー。芝居でカバーはしているのですが、とは言え・・・。

336172_005 水原希子は初々しくて、この緑さんの役にはとっても合ってます。実年齢の役ですし。

それはそうと、松山、菊池、水原--3人とも見事に「アヒル口」でした!!

村上春樹先生も、バーテンダーの役でさりげなくカメオ出演してましたね。

終盤、ワタナベ(松山)が悲嘆のあまり放浪するシークェンスにかかる音楽が、ほとんど『シャイニング』ばりにホラーな雰囲気だったのにはたまげました。

336172_004_2

まあ原作もそうですけど、やけにセックスだらけで、しかも何故か人が4人も死んでしまう物語です(うち3人が自殺)。 エロスとタナトス、そして喪失感を通して普遍的なものを浮かび上がらせる春樹ワールドではありますけど・・・、成功作とは言い難いところでしょう。

|

« 2011年のはじめに | トップページ | 今日の点取り占い141 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/38314006

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノルウェイの森」:原作通りだけど・・・:

» ノルウェイの森 [LOVE Cinemas 調布]
1987年に発表され、社会現象にもなった村上春樹のベストセラー「ノルウェイの森」を映画化。監督は『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』のトライ・アン・ユンが務める。主人公ワタナベに松山ケンイチ、ワタナベと心を通わせる直子に菊地凛子、他にも水原希子、高良健吾、玉山鉄二ら若手の実力派が顔を揃える。瑞々しくも鮮烈な四季の映像、独特の表現の会話劇に引きこまれる。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 3日 (月) 01時29分

» ノルウェイの森 そうだ、あの森はたしかに深く暗い [労組書記長社労士のブログ]
【=2 -0-】  [続きを読む]

受信: 2011年1月 5日 (水) 13時06分

» 映画『ノルウェイの森』を観て [KINTYRE’SDIARY]
10-82.ノルウェイの森■配給:東宝■製作年・国:2010年、日本■上映時間:133分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺オデヲン座(吉祥寺)■入場料:1,000円スタッフ・キャス... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 23時37分

« 2011年のはじめに | トップページ | 今日の点取り占い141 »