« 青梅マラソンで疲労困憊 | トップページ | ワンダ「初恋ブレイク」 »

2011年2月22日 (火)

芥川賞2作品を読んで

Dsc_0235 「文藝春秋」恒例の芥川賞発表号を読了。今刊行中の受賞作2作、単行本で買えば1200円×2を860円で読めてしまうのですから、お買い得ですもんね。

話題性もW受賞も綿矢/金原の7年前以来ってことで、めでたく増刷になったようです。それにしてもデザインワークとか記事のセンスとかが、まるまる4-50年前のままって感じで、スゴイ雑誌ではありますね。

美女と野獣の受賞と相成ったわけですが、朝吹真理子の『きことわ』はやはり品が良く毛並みが良い感じがありありと・・・。美しい日本語で、時を越えて情緒がたゆたう小説世界の繊細な味わいが、極めて甘美です。プルーストを持ち出したくなるほど、“文学”という言葉が似合います。

対する野獣・西村賢太の『苦役列車』は、対称的に底辺の低レベルの主人公がもがきあがく(むしろそれすらもしない)さまを自伝的=自虐的に描いた私小説。リアルな日雇い生活の描写と、呪詛に満ちた鬱屈の日々が、読む者を惹きつけます。「しょーがねーなー」だけど、「面白い!」です。

綿矢りさ/金原ひとみの二人は大江戸もそれぞれ好きで、作品をフォローしております。今回の二人も綿矢/金原の如く真逆の作風を持つだけに、今後の活躍を見届けていきたい気持ちになりました。

|

« 青梅マラソンで疲労困憊 | トップページ | ワンダ「初恋ブレイク」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/38965503

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川賞2作品を読んで:

« 青梅マラソンで疲労困憊 | トップページ | ワンダ「初恋ブレイク」 »