« 今日の点取り占い143 | トップページ | 「RED レッド」:楽しく強靭なシニアたち »

2011年2月 5日 (土)

「アンストッパブル」:パワフルで骨太な傑作

337734_001

映画『アンストッパブル』、いやーメチャクチャ面白い!! 最初から最後まで一気呵成に突っ走る超エンタテインメントとして、それこそ『ダイ・ハード』以来なんじゃないかってぐらい面白かったです。

337734_006

物語はいたってシンプル。ただ暴走機関車をどうして止めようかってだけのお話。それをここまで血沸き肉踊る痛快な娯楽作品に仕立て上げたハリウッドの底力にはあらためて感心してしまいます。まあ、いつの時代にも存在し続けた、手に汗握るサスペンス&アクションであり、使い古されたような設定やら人物像やらも多いのですが、そういった定番要素も、ここまでうまく仕立ててくれれば文句のあるわけもございません。

337734_005 最初は笑っていられるほどマヌケで小さなミスだったのに、それが徐々に未曾有の大惨事に育っていく様は、往年のパニック映画(Disaster movie)の定石。『タワーリング・インフェルノ』なんか、まさにそうですもんね。 二人の男の反目が友情に変化していく様とか、夫婦や親子の問題がヒロイックな行動により氷解して行く様とか、ほんとよくあるパターンなのですが、それでもクライマックスとかで、そこらのくすぐりやゆさぶりが入ると、もう泣けて泣けて・・・。かなり胸が揺さぶられて、涙ポロポロでした。単純だなあ、我ながら。おまけに手に汗握って、なんだかぐしょぐしょです。

337734_008

CGをあまり使わずに、基本的にはナマの映像に頼っているあたりも、作品に骨太な迫力を与えています。ヘリによる空撮だとか、たたみかけるようなカット割りとか、荒っぽい動きやブレを生かした撮影だとか、金属的な効果音だとか、トニー・スコットらしさが見事に生きた作品でもあります。

337734_012

1時間39分の作品なのに、2時間ぐらいに感じられました。それは良い意味で、密度が濃かったということ。 でも「実話にインスパイアされた作品」ってのが、オドロキです。いったいどこまでが実話で、どこからが創作なのかと思わずにはいられません。いずれにしても映画としては、最上級の迫力と面白さを誇るパワフルな傑作に仕上がっています。

|

« 今日の点取り占い143 | トップページ | 「RED レッド」:楽しく強靭なシニアたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/38754026

この記事へのトラックバック一覧です: 「アンストッパブル」:パワフルで骨太な傑作:

» アンストッパブル [LOVE Cinemas 調布]
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンに加え、今回は『スター・トレック』のクリス・パインが出演。暴走機関車の重厚な迫力に圧倒される。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 00時58分

» 『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! [映画のブログ]
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 6日 (日) 01時30分

» 『アンストッパブル』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 2001年、オハイオ州で起こった実話に基づく映画 最新鋭の貨物列車777号が、整備員のミスから走り出してしまう 無人で大暴走する貨物列車(全長800m、39両)を止めようと、 ベテラン機関士... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 08時22分

» アンストッパブル [映画的・絵画的・音楽的]
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込...... [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 06時07分

» アンストッパブル [Akira's VOICE]
加速VS減速の手に汗握る攻防戦!!    [続きを読む]

受信: 2011年2月12日 (土) 10時22分

» 映画『アンストッパブル』を観て [KINTYRE’SDIARY]
11-4.アンストッパブル■原題:Unstoppable■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:99分■字幕:林完治■鑑賞日:1月10日、渋東シネタワー(渋谷)■料金:1,600円ス... [続きを読む]

受信: 2011年2月22日 (火) 20時53分

« 今日の点取り占い143 | トップページ | 「RED レッド」:楽しく強靭なシニアたち »