« 日伊のすっぱいグミ | トップページ | ベルマーレ開幕完勝と初代クイーンと2代目クイーン »

2011年3月 5日 (土)

「あしたのジョー」:ちゃんと再現されてるけど・・・

実写版映画『あしたのジ336736_002ョー』は、功罪入り乱れておりますが、まあまあの出来。 『ALWAYS 三丁目の夕日』や『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の山崎貴監督と並ぶVFXの使い手、『ピンポン』の曽利文彦監督なだけに、VFXで再現した昭和の風景や試合場面には相当のクォリティーが感じられます。風景はオープンセットの威力もありますね。 そしてジョーの服装が、パンツの丈の短さやコートの襟を立てた時の感じまで原作通りに再現されている(!)336736_001のには、感心しました。

その一方で、物語は原作のダイジェストを超えることがなく、とにかく丈と力石に絞って一気に突き進むのはいいけれど、味わいや映画としての深みには欠けますね。まあ、原作のおかげで終盤、泣ける所はそれなりに泣けるのですけど・・・。

336736_004

香川照之の丹下段平は、あまりにもマンガで笑えます(頭割れてるし)。けど大のボクシング・マニアである香川だけに、動きは良かったです。いや、動きも声もちょっと若々し過ぎた感もありますね。

336736_005

香里奈の白木葉子は、原作とちょっと異なった「現代の女性」を振りかけてあります。まあ、今は原作のようなタイプの女優さんいないもんね。でも、終盤放心状態になっている時の彼女は良かったです。

とはいえ、この映画は山下智久と伊勢谷友介というジョー、力石コンビの徹底したボクサーの体づくりに尽きるのですけどね。二人とも頑張りました(あの筋肉はVFXではないのですよ)。でもファイトシーンの迫力は『レイジング・ブル』や『ロッキー』にてんでかなわないってことも、残念ながら事実であります。 有名な力石の減量シーン(蛇口ぐるぐる巻き)は、やっぱり笑っちまいますよねえ(なんかパロディーかコントみたいで)。

いつもの通り、山ピー=ジョーの画像は(ジャニーズの管理が厳しくて)無いのでした。

|

« 日伊のすっぱいグミ | トップページ | ベルマーレ開幕完勝と初代クイーンと2代目クイーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/39119563

この記事へのトラックバック一覧です: 「あしたのジョー」:ちゃんと再現されてるけど・・・:

» あしたのジョー(2011) [LOVE Cinemas 調布]
社会現象をも巻き起こした梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。主演の矢吹丈を『クロサギ』の山下智久、宿命のライバル力石徹を『十三人の刺客』の伊勢谷友介が演じる。共演は白木葉子役に香里奈、丹下段平役に香川照之と、人気実力を兼ね備えた俳優が揃う。監督は『ピンポン』の曽利文彦。徹底的に鍛え抜かれた肉体によるボクシングシーンは秀逸だ。... [続きを読む]

受信: 2011年3月 6日 (日) 00時16分

» 『あしたのジョー』 なぜジョーは立ち上がるのか? [映画のブログ]
 ある疑問を抱えて、私は映画『あしたのジョー』を観に行ったのだが、まずは本作の作り手にお詫びしなければならない。  私は2011年公開のこの映画を観て、「見事なCGIだなぁ」と思っていた。減量に減量を...... [続きを読む]

受信: 2011年4月 2日 (土) 15時03分

« 日伊のすっぱいグミ | トップページ | ベルマーレ開幕完勝と初代クイーンと2代目クイーン »