« シドニー・ルメット逝去 | トップページ | 今日の点取り占い151 »

2011年4月12日 (火)

「SP 革命篇」:なんだかがっかり

336792_002

映画『SP 革命篇』、うーん、無駄に長い。TV版を見ていなかった小生にしてみれば前作『野望篇』は、わけわかんないながらもアクションに次ぐアクションで小気味良く見せてくれたので、それなりに面白かったのです。でも決着つけるべき本作は、なんだか議事堂が占拠されてからが長くってねえ。あまり動きがなく、じれったい感じ。

110214_sp_main

国会議事堂のセットなど美術は健闘しているのに、そこに座っている衆議院議員の先生方のキャスティングが、2/3までは納得するとして、あと1/3ぐらいが手抜きで、どう見ても国会議員に見えません。こういう部分が映画の質や面白さを左右するんですけどねえ。 そういえば、若手エリート官僚たちのいやったらしい描写も、戯画化しすぎでリアリティ薄いっす。 こういうとこしっかりやらないと、大人の映画じゃないですよ。336792_004

アクションがそう多くないとは言え、岡田准一のスピードと跳躍と骨のきしむような力の入り方は、やっぱりスゴイですね。 真木よう子はやっぱりこのSP服が妙にピッチリで、何か違和感があるんですよねえ。 香川照之の悪役はだいたいいつもどおりであります。

336792_001なんか更に続きそうなラストも「えー??」って感じですね。 『野望篇』は岡田君の映画になってましたけど、『革命篇』は堤真一の映画になっておりました。でも、堤さんも「大義のため」「大義のため」とおっしゃってましたが、なーんだ「私怨」じゃないですか。 風呂敷広げた割には、上手にまとまりませんでした。

|

« シドニー・ルメット逝去 | トップページ | 今日の点取り占い151 »

コメント

お久しぶりです。
この話題待っていました・・・
まったくもって『野望編』と比べるとなんだかな~
という感じですね。
大体、」CMで全ての謎がとけるとあったが、一部だけじゃん。
この手法は、『アンフェア』の時と一緒じゃん。フジテレビの所為なのか。次作狙いかよ。と、うがった見方になってしまいます。
チッ、という感じでしたね。

投稿: きかんぼう | 2011年4月19日 (火) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/39588891

この記事へのトラックバック一覧です: 「SP 革命篇」:なんだかがっかり:

» 『SP 革命篇』 早く逝くも悔いなし! [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『SP 野望篇』の記事ではクルマのナンバーに意味があることを書いたが、『SP 革命篇』の公開1週間前にテレビ放映されたドラマスペシャル『SP 革命前日』には大ウケした。遂に、ナンバ...... [続きを読む]

受信: 2011年4月12日 (火) 23時34分

» SP 革命篇 [LOVE Cinemas 調布]
人気ドラマ「SP(エスピー) 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版第2弾。サブタイトルの“革命篇”通り、いよいよ革命の火蓋が切って落とされる。当然ながら主演の岡田准一以下出演者・スタッフ共に前作“野望篇”と同じ。国会議事堂を占拠した尾形たちの目的は、“大義”とは一体何なのか。今全てが明かされる―。... [続きを読む]

受信: 2011年4月13日 (水) 00時45分

» 映画「SP THE MOTION PICTURE 革命篇」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「SP 革命篇」観に行ってきました。 フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の映画版「SP THE MOTION PICTURE」2部作の後編に当たります。 全く予備知識がなかった前作の観賞時とは異なり、今回はテレビドラマ版のエピソード0~4、映画版前編の「SP 野望篇」、そして「SP... [続きを読む]

受信: 2011年4月16日 (土) 22時30分

» SP 革命篇 [映画的・絵画的・音楽的]
 『SP 革命篇』を新宿ピカデリーで見てきました。  新宿ピカデリーは、家に帰るのが便利な新宿にあり、かつまた計画停電のため上映スケジュールなどを縮小しているとはいえ、映画の選択の幅が広いため、前回の映画に続けて行くことになりました。  この映画も、他に空...... [続きを読む]

受信: 2011年4月25日 (月) 04時59分

» 映画『SP 革命篇』を観て [kintyres Diary 新館]
11-28.SP革命篇■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:128分■鑑賞日:4月9日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督:波多野貴文□原案・脚本:金城一紀□音楽:菅野祐悟◆堤真一(尾形総一郎)◆岡田准一...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 15時39分

« シドニー・ルメット逝去 | トップページ | 今日の点取り占い151 »