« パウリスタのチルドカップコーヒー | トップページ | 今日のいたずら2 »

2011年4月 5日 (火)

「英国王のスピーチ」:手堅いけれど・・・

338127_001

本年のアカデミー作品賞&主演男優賞&監督賞&オリジナル脚本賞に輝く『英国王のスピーチ』をようやく観ました。確かにしっかりした、風格のある作品ではありますが、まあそこまで評価されるほどのものかなぁって疑問は拭えませんね。いかにもオスカー好みではありますが、大江戸としては『ソーシャル・ネットワーク』の方を上位に置くにやぶさかではありません。

338127_003

とは言え、本作における名優たちの演技比べにはかなりの見応えがあることも確か。 コリン・ファースがかなり地味めなのは、「吃音」ってだけで既に癖のある演技になってしまうので、あえて他を抑えた演技設計なのか、それとも単に地味な人だからなのか。そもそもコリン・ファースは「こりん星」から来たのだろうか?ああ、ゆうこりんと対談してもらいたい!「コリンvs.ゆうこりん」。

338127_010

ジェフリー・ラッシュは相変わらず達者なところを見せつけ、いい味も醸し出しています。 マイケル・ガンボンもさすがの貫禄ですね。 そしてヘレナ・ボナム=カーターは、けっこう久々に真っ当な役なのでは? 何しろフランケンシュタインの花嫁から、惑星の猿から、魔女から、頭のデカい赤の女王まで、何でもやっちゃう人だけに・・・。普通でした。 庶民感覚たっぷりで、小悪党やダメオヤジ役が似合うティモシー・スポールがチャーチル役ってのも、ちょっと笑えました。

338127_019

クライマックスのモンタージュなど実に手堅く、懸命のスピーチの合間に、ラジオ放送を聞く人々のカットを(ズームインしながら)積み重ねたりして、きっちり感動を盛り上げます。 手堅過ぎて、大して面白くは無いんですけどね。

338127_030

誰もが思うことでしょうけど、よく英国王室の人々を題材にこういう映画が作れるものですねえ。日本の皇室だったら、200%無理ですもん。 関係ないけど、ジョージ6世の二人の女の子=エリザベスとマーガレットが、そりゃーもう可愛かったです。

|

« パウリスタのチルドカップコーヒー | トップページ | 今日のいたずら2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/39502978

この記事へのトラックバック一覧です: 「英国王のスピーチ」:手堅いけれど・・・:

» 映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミ... [KINTYRE’SDIARY]
11-18.英国王のスピーチ■原題:TheKing'sSpeech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(... [続きを読む]

受信: 2011年4月 6日 (水) 23時43分

» 「英国王のスピーチ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 内向的で吃音症のヨーク公アルバート王子(後のイギリス王ジョージ6世)が、言語聴覚士と家族の支えでコンプレックスを克服し、国民から敬愛される存在へと成長していく姿を、史実を基に映画化。    実在した一国の国王を、一人の人間として内側から掘り下げる。アカデ... [続きを読む]

受信: 2011年4月22日 (金) 21時45分

» 英国王のスピーチ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 15時36分

« パウリスタのチルドカップコーヒー | トップページ | 今日のいたずら2 »