« 「ザ・ファイター」:こんな家族は嫌だ | トップページ | 「英国王のスピーチ」:手堅いけれど・・・ »

2011年4月 5日 (火)

パウリスタのチルドカップコーヒー

Dsc_0310

『東京銀座 カフェ・パウリスタ -創業100年至福の一杯-』です。「パウリスタオールド(豆)100%使用」というミルクコーヒーです。販売はなぜか「トーヨービバレッジ(株)という静岡の会社。

以前大江戸も紹介したとおり、銀座8丁目の「カフェ・パウリスタ」は「銀ブラ」という言葉のルーツとされています---銀座でブラブラすることではなく、明治期の慶応大学の学生にはやった「銀座のカフェ・パウリスタでブラジル・コーヒーを飲むこと---。少なくともカフェ・パウリスタさんは、この説を主張しているのです。

濃厚で、ほろ苦さが口中に残るタイプながら、甘さもしっかりと感じられます。 それにしても、こんなものがコンビニで売られてるなんて、オドロキです。

|

« 「ザ・ファイター」:こんな家族は嫌だ | トップページ | 「英国王のスピーチ」:手堅いけれど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/39493012

この記事へのトラックバック一覧です: パウリスタのチルドカップコーヒー:

« 「ザ・ファイター」:こんな家族は嫌だ | トップページ | 「英国王のスピーチ」:手堅いけれど・・・ »