« 熱いぜ、湘南サポ!! | トップページ | 「ブラック・スワン」:Black & White »

2011年5月24日 (火)

佐藤晃一ポスター

Dsc_0425

ggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)での『佐藤晃一ポスター』を鑑賞。『佐藤晃一ポスター展』じゃあないんですよね。佐藤晃一ポスター・・・いったい何?!って感じのタイトルです。

Dsc_0426

'80年代を中心にした代表作から、まだ世に出ていない試作まで、1FとB1に2段がけでみっちりと展示された約100点のポスター。 ああ、晃一さんの世界です。 ぼかしやグラデーションや金粉が舞う感じなどの「和」の技法を、洋の感性の中に生かしきった晃一さんの代表作の数々。手のひらと銀河の「音楽座ミュージカル」とか、箱に魚が入ってるやつとか・・・。ああ、やはり映画「利休」、そして「豪姫」のポスターの完成度の高い美しさには見惚れてしまいます。

それにしてもどうして、アナログ時代の紙媒体なのに、あんなに透過性のある色と光が表現できているのでしょうか。その秘密を知る一端として、会場に展示されている「印刷指定紙」があります。トレペに手書きで、事細かな指示が書き込まれています。コンピューターの中で、全てが完成する今と違って、デザイナーの頭の中の完成形を、いかに他人に正確に伝えるかというツールです。現代の若きデザイナーにこそ、見ていただきたい部分ですね。

私が見た日は会場内に晃一さんがいて、熱心に若い女性客に解説していました。さすがは多摩美の教授だという感じでした。

|

« 熱いぜ、湘南サポ!! | トップページ | 「ブラック・スワン」:Black & White »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/40106263

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤晃一ポスター:

« 熱いぜ、湘南サポ!! | トップページ | 「ブラック・スワン」:Black & White »