« ベルマーレ、ちょっとがっかり | トップページ | ビンラディンの殺害 »

2011年5月 1日 (日)

「まほろ駅前多田便利軒」:ゆるゆると、のらりくらりと

338336_001

映画『まほろ駅前多田便利軒』は、オフビートで「間(ま)」を生かした、日本映画らしいひとつのかたち。 瑛太と松田龍平のコンビネーションが良く、その掛け合いだけで結構見せてしまいます。

338336_002

周りを固める役者たちも良く、高良健吾がヤバイ怖さを放って秀逸でしたし、岸部一徳もいつも以上に不気味な凄さがありました。久々の片岡礼子がいい味出してましたし、中村優子とか鈴木杏とか本上まなみとか、ことごとく大江戸が好きな女優さんを使ってくれてるのも嬉しかったですね。

338336_004

大森立嗣監督は親父の麿赤兒と弟の大森南朋を出演させて、さながらホーム・ムービーのようです(?)。 親子ってことで言えば、松田龍平の親父=松田優作にまつわる爆笑セリフが出てきましたよ。やってくれます。

338336_011

だいたいにおいてたっぷり目の「間」が、作品のトーンとなっているのは良いのですが、さすがに終盤、瑛太がアップで延々と語る場面はしんどかったです。あれだと、さすがに「もたない」です。 大森監督、もうあと一修業必要だと思いました。 重いことを描いても、あんまりシリアスになりすぎないのらりくらりとしたタッチは良かったのにね。

|

« ベルマーレ、ちょっとがっかり | トップページ | ビンラディンの殺害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/39827019

この記事へのトラックバック一覧です: 「まほろ駅前多田便利軒」:ゆるゆると、のらりくらりと:

» まほろ駅前多田便利軒 [LOVE Cinemas 調布]
三浦しをん原作の直木賞授賞小説を映画化。ひょんなことから再会した中学校の同級生の多田と行田。多田のやる便利屋を手伝いながら妙な共同生活を送るのだった。様々な依頼を通して2人の過去が明らかにされてゆく。主演は『ディア・ドクター』の瑛太と『蟹工船』の松田龍平。共演に麿赤兒、や、片岡礼子、鈴木杏といった実力派が揃う。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣。... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 00時10分

» 『まほろ駅前多田便利軒』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前多田便利軒」□監督・脚本 大森立嗣 □原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳■鑑賞日 4月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyaz...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 08時02分

» 「まほろ駅前多田便利軒」みた。 [たいむのひとりごと]
東京都にまほろ市なんかあったっけ?と思っていたら、架空の街だった(^^;贔屓にしている瑛太くんであり、注目度の高い松田龍平くんでのダブル主演っぽい作品なだけに楽しみにしていたのだけど、「楽しい」作品か... [続きを読む]

受信: 2011年5月 2日 (月) 21時28分

» まほろ駅前多田便利軒 [映画的・絵画的・音楽的]
 『まほろ駅前多田便利軒』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)映画は、まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田啓介(瑛太)と、そこに転がり込んできた行天晴彦(松田龍平)とが軸になって展開されます。  その際、行天の小指が要石の一つような気がします(注1)。...... [続きを読む]

受信: 2011年5月 8日 (日) 06時30分

» 映画レビュー 「まほろ駅前多田便利軒」 [No Movie, No Life (映画・DVDレビュー)]
まほろ駅前多田便利軒 【公式サイト】  【allcinema】 第135回直木賞を受賞した三浦しをんの短編集を実写化。主演は瑛太と松田龍平。同級生だった2人が再会し、それぞれが苦い過去を持ちながらも...... [続きを読む]

受信: 2011年5月10日 (火) 00時02分

« ベルマーレ、ちょっとがっかり | トップページ | ビンラディンの殺害 »