« TOKYO HEART カムバック! | トップページ | 今日の点取り占い156 »

2011年5月17日 (火)

「SOMEWHERE」:孤独と天使

337920_005_2

映画『SOMEWHERE』、好きですね。オープニングの、切り取られた画角の中をフェラーリが右へ左へと何度も走り回るうちに、この円環コースがイメージできるという、映画ならではの仕掛け。そこはかとなく漂う、やるせない孤独感。

続くホテル室内での宅配ポールダンスの場面や、その後までしばらくは台詞なしのサイレント描写が続きます。 それにしても、出張用の折りたたみ式ポールセットなんてもんがあるんですね。ダンサーがそれをたたむ光景のわびしさに、主人公の孤独が重なります。

337920_004

そう、『ロスト・イン・トランスレーション』同様に、セレブリティの孤独が本作のテーマ。それがいい味出すんですよね、コッポラ女史の場合(ガールズ・ムービーよりもこっちの線が本領では?)。 白眉の場面は、特殊メイク用の顔型取りのため、ゴムみたいな白いベタベタで顔から頭から塗り固められて(鼻の穴だけあいてる!)じっとしているところに、ゆっくりとズームインするキャメラ。ああ、孤独です。

337920_002_3

そんな孤独を癒す清涼剤というかスイート・メディスンはエル・ファニングちゃん(ダコタの妹)。これがまあ、カワイイったらありゃしません。スケートに、プールに、wiiのテニスやギター演奏に、卓球に・・・と、たっぷりたっぷりのカワイコぶりです。ほぼ天使です。こりゃあスティーブン・ドーフのパパもメロメロだわな。でもここらは純粋に心温まる交流なのであります。そして、それをじっくり描くことこそが、本作のキモであります。

ソフィアの実体験的要素が強いのか、願望が337920_001強いのか、まったくのフィクションなのか、おそらくはそのミックスなのでしょうが、チャーミングな佳品です。 エンディングがちょっと「??」というか、キマリそこなってますけど、なんだか微かな光がほの見える感じで、悪くはありません。

|

« TOKYO HEART カムバック! | トップページ | 今日の点取り占い156 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/40028807

この記事へのトラックバック一覧です: 「SOMEWHERE」:孤独と天使:

» SOMEWHERE [LOVE Cinemas 調布]
典型的なセレブの生活を送る映画スターの下に、前妻との間にできた思春期の娘がやってくる。娘との瑞々しい交流を描きつつも、彼は己の心の空白に気付くのだった…。『マリー・アントワネット』のソフィア・コッポラが送る最新作は2010年のヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作品だ。主演は『パブリック・エネミーズ』のスティーヴン・ドーフ、共演にエル・ファニング。... [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 00時57分

» IKEA家具のスペシャリスト [Witch House]
IKEA(イケア)のことならおまかせください。代行購入、搬入、設置まで、トータルコーディネイトいたします。 [続きを読む]

受信: 2011年5月18日 (水) 17時10分

» 「SOMEWHERE」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 イケメン妖怪スティーブン・ドーフ小僧が、生き別れの一人娘を探して大冒険を繰り広げる、超スペクタクル3Dアクションムービ(殴)  …痛、痛いです、ごめんなさいホント、すみません。ちょっとやってみたかっただけなんです、ゴメンナサイ…。  気を取り直して。... [続きを読む]

受信: 2011年5月20日 (金) 20時12分

» 「SOMEWHERE」 淡々とした生活、だが大切な日々 [はらやんの映画徒然草]
ヴェネチア国際映画祭で受賞したのは元カレのタランティーノが贔屓目でみたからとか言 [続きを読む]

受信: 2011年5月28日 (土) 08時50分

« TOKYO HEART カムバック! | トップページ | 今日の点取り占い156 »