« 今日の点取り占い158 | トップページ | 「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」:裕木奈江舞台挨拶 »

2011年6月 4日 (土)

「ブルーバレンタイン」:辛くシビアな恋愛映画

338698_001

映画『ブルーバレンタイン』、これほどまでにシビアな恋愛映画(と言えるのでしょうか?)もありません。 あるカップルの現在と過去を交互に描くのですが、その容赦ないリアルな辛さがハンパないのです。

338698_002

出逢いの頃は甘く、輝いていて、恋の喜びに溢れています。主役の二人もそれぞれに魅力的な男と女として描かれ、観ている者の頬も緩み、二人を応援したくなるような感じです。

338698_009

それに較べて現在の二人は・・・、本当にボタンかけ違ったままその距離がどんどん離れ、もう取り返しがつかない様子が実にリアルに迫ります。 ミシェル・ウィリアムズとライアン・ゴズリングはその年月の変化を、外見を含む見事な演技できちんと演じ分けていて、それぞれに見事です。表情も見事ですけど、それ以上に体型や体の動き、肌のハリやたるみに至るまでを総動員しての演じ分けが、圧倒的に素晴らしいと思います。

338698_00894x94

二人の関係の息が詰まるような緊張感や、どうしようもない隔絶。重く暗い気分になること必至です。ラストにも一切の救いはありません。 まかり間違ってもデート・ムービーに選んではいけません! これが原因で別れることになっちゃいそうな気すらしますので。

それにしてもミシェル・ウィリアムズ、誰かに似てるとずーっと思って観てましたが、後から気がつきました。カーリングの本橋麻里さんにクリソツでしたっ!

|

« 今日の点取り占い158 | トップページ | 「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」:裕木奈江舞台挨拶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/40254269

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブルーバレンタイン」:辛くシビアな恋愛映画:

» ブルーバレンタイン [LOVE Cinemas 調布]
一組のカップルの出会い・結婚・別れの全てを描いたラブストーリーだ。一見幸せな生活を送る2人を描きつつ、出会いから結婚までの回想が挿入される。主演は『ラースと、その彼女』のライアン・ゴズリングと本年のアカデミー賞で主演女優賞にノミネートされたのミシェル・ウィリアムズ。監督・脚本はこれが長編2作目となるデレク・シアンフランスが務める。... [続きを読む]

受信: 2011年6月 4日 (土) 01時19分

» ★ 『ブルーバレンタイン』 [映画の感想文日記]
2010年。アメリカ。BLUE VALENTINE.   デレク・シアンフランス監督・脚本。  ブルーという形容詞は映画のタイトルにはよく使われているが、この映画でのブルーは、ポスターを見て一瞬連想した『マイ・ブルーベリ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 4日 (土) 02時32分

» ブルーバレンタイン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
あるカップルの出会いから結婚、破局までを、過去と現在を交錯させながら描くラヴストーリー。監督・脚本はデビュー作『BROTHER TIED』が“視覚表現の天才”と評され話題を呼んだデレ ... [続きを読む]

受信: 2011年6月 6日 (月) 19時21分

» 映画『ブルーバレンタイン』を観て [kintyres Diary 新館]
11-30.ブルー・バレンタイン■原題:Blue Valentine■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:岸田恵子■鑑賞日:4月29日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円□監督・脚本:デレク・シアンフランス□脚本:ジョーイ・カーティス、カ...... [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 22時35分

« 今日の点取り占い158 | トップページ | 「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」:裕木奈江舞台挨拶 »