« 「モールス」:忠実なリメイクの静謐さ | トップページ | 松田の「3」永久欠番って・・・ »

2011年8月14日 (日)

デカダンス・デュ・ショコラの傑作ジャム

Dsc_0681

丸ノ内線茗荷谷駅前の「デカダンス・デュ・ショコラ」で買ったジャムですが、これが絶品。上部がミルクジャム、下部がラズベリージャムと分離して瓶に入っているのですが、これをスプーンで下までえいっとかき出すと、なーんとパンに塗ったらイチゴミルク状態になるのです(木苺ミルクか・・・)。

Dsc_0682

ラズベリーの酸っぱさがミルクの力でマイルドになり、ミルクの甘ったるさがラズベリーのおかげで中和されるという絶妙のハーモニー。これはお見事だと断言しましょう。パチパチ。

ここんちでは他にも、「割れチョコ」の“チェリー”だとか、リング状のシュークリーム皮を小さく切って揚げたような「ラスク」のシナモン味だとかを買いましたが、みんなおいしいです。

|

« 「モールス」:忠実なリメイクの静謐さ | トップページ | 松田の「3」永久欠番って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/41210249

この記事へのトラックバック一覧です: デカダンス・デュ・ショコラの傑作ジャム:

« 「モールス」:忠実なリメイクの静謐さ | トップページ | 松田の「3」永久欠番って・・・ »