« 「工藤青石展」と資生堂MENのコロン | トップページ | 不思議な小枝×2種 »

2011年9月22日 (木)

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」:男騒ぎの戦争映画

110224_sekaisinryaku_sub7

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』は、突然宇宙人が地球を襲撃するSFものでありながら、実質的にはど真ん中の「戦争映画」です。

110224_sekaisinryaku_sub10

戦闘描写のハードな迫力が、小気味良くも観る者を揺さぶるカット割りが、迫真の力で迫ります。残酷描写のない『プライベート・ライアン』といった感じで、自分が戦場に放り込まれたような錯覚を起こしそうなほど、緊張感に溢れています。ホント撃たれそうです。

110609sekaisinryaku_sub5

で、とにかく「男騒ぎ」の映画なのです。軍人さんの英雄譚なのです。普通、今はこういうの作れません。「今は」どころか、ベトナム戦争以降、中東戦争から何から、もっと自己批判的だったり、神経症的だったりの戦争映画ばかりで、こういう『コンバット』的なものはずっと無かったのです。あったとしても、『スターシップ・トゥルーパーズ』とか『インデペンデンス・デイ』とか、宇宙人をインディアン(先住民)に見立てた「現代の西部劇」ばかりで、「現代の戦争もの」をこのような熱血危機突破もの(要は『コンバット』ですね)として作ったケースは皆無だったと思います。

110609sekaisinryaku_sub13

とても上出来で、面白いのです。例えば『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』あたりと較べても、映画としての質はけっこう高いのです。であるだけに、「いいのかな」の思いが頭をもたげてきます。こういう好戦的、外的撲滅キャンペーン的な映画を、手放しで面白がっていていいのかな・・・と。 単純なアメリカの若者がこの映画を見て、「Cool! 俺も軍隊に入って、アメリカの敵を全部ぶっ殺してやる」とか考えないだろうかと心配になってきます。

20101119_sekaisinryaku_main

とはいえ、映画自体の評価はキチンとしてあげたいと思います。シンプルこの上ないストーリー、いやシチュエーションをパワフルに駆け抜ける演出力が見事です。上質なエンタテインメントに仕上がりました。 主人公役のアーロン・エッカートも素晴らしいです。演技派の曲者役者が演じるタフガイ・アクション・ヒーローも、いいものですね。彼が演じたので、子供や部下との感動的なシーンも説得力を持って生きました。

|

« 「工藤青石展」と資生堂MENのコロン | トップページ | 不思議な小枝×2種 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/41869527

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」:男騒ぎの戦争映画:

» 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード  震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に?  アメリカ海兵隊のナンツ二等軍曹(アーロン・エッカート)は、直近の作戦で部下を失った苦しみから、退役願いを提出。あと1日で、長年の軍隊生活にピリオドを打とうとしていた。同じ頃、突如地球の周辺に接近した流星群が、次々と海中に落下。やがて... [続きを読む]

受信: 2011年9月23日 (金) 18時25分

» 「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 等身大の英雄たち [はらやんの映画徒然草]
どなたかもブログで書いてらっしゃいましたが、このところ未知の宇宙人に地球が侵略さ [続きを読む]

受信: 2011年9月23日 (金) 19時03分

» 映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」観に行ってきました。エイリアン達による地球侵略に立ち向かうアメリカ海兵隊員達の戦いを描いたSFアクション作品。人が血を流して死ぬ描写や... [続きを読む]

受信: 2011年9月24日 (土) 00時54分

» 大好物映画w 【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦 [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】世界侵略:ロサンゼルス決戦(BATTLE: LOS ANGELES) ロサンゼルスを舞台に、地球を侵略してきた エイリアンに立ち向かう海兵隊員の死闘を描いたSFアクション。 【あらすじ】 1942年、ロサンゼルス上空で発光する謎の飛行物体25機を空軍のレーダーがとらえる。そ... [続きを読む]

受信: 2011年9月24日 (土) 22時56分

« 「工藤青石展」と資生堂MENのコロン | トップページ | 不思議な小枝×2種 »