« デリチュースのバウムクーヘン | トップページ | 湘南2試合連続の3-2勝利! »

2011年9月18日 (日)

「ザ・ウォード 監禁病棟」:ザ・端正な小品

339983_001 ジョン・カーペンター9年ぶりの新作『ザ・ウォード 監禁病棟』を公開初日の銀座シネパトスで観ました。特にカーペンター・ファンってわけじゃないんだけれど。 なんせカーペンター作品は21世紀になって2本目。相変わらずのワイドスクリーン、相変わらずのコンパクトさ(1時間29分)でした。

339983_003

ますますもっての低予算が見た目にも明らかで、ちょいと寂しいですが、主演のアンバー・ハードはキレイだし、なかなかの逸材で、これから伸びていくことと思われます。

339983_008

ミステリーとして、サスペンスとして、ホラーとして、「キチンと」出来ています。ちょっと端正過ぎるぐらいですが、うまいもんです。コンパクトな物語を、的確に語っていきます。ムダがありません。 結末もサイコホラーとして、実に正統な作りとなっております。

339983_002

まあ、そこそこの作品ではありますが、CGなど使わずに20世紀的な映画の味を出しているところに好感とノスタルジアが芽生えます。 でも、あのシンセサイザーでの繰り返しフレーズによるカーペンター音楽が聴きたかったなあ(本作の音楽は違う人)。あのエンドタイトルにかぶさるリフレインを・・・。 

|

« デリチュースのバウムクーヘン | トップページ | 湘南2試合連続の3-2勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/41785899

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・ウォード 監禁病棟」:ザ・端正な小品:

« デリチュースのバウムクーヘン | トップページ | 湘南2試合連続の3-2勝利! »