« サッカー代表戦の9月 | トップページ | KKDのラムレーズンと清里マチスのミルクドーナツ »

2011年9月 4日 (日)

「うさぎドロップ」:愛菜ちゃん無敵!

110601_usagidrop_main

映画『うさぎドロップ』は、SABU監督がこの題材?という疑問を吹っ飛ばすウェルメイドな快作。終始にんまりと楽しめます。

それはもう1にも2にも芦田愛菜110601_usagidrop_sub8ちゃんのおかげでして、もう彼女が映っているだけで画面が映画的な輝きを放って観る者を惹きつけるのです。冒頭の黒い服と虚ろな表情、これだけでこの子の性格や深い悲しみや困惑や絶望感や何やらかんやらを表現しきっている凄さ。 その後も彼女の存在が、どんなに本作を豊かにふくらませていることか。ほとんど主演女優賞ものではないでしょうか。 おにぎりを作ってくれるところ、おゆうぎのダンス、ダイキチを踏んづけて走っていく姿・・・どれをとっても、かわいすぎます!

110601_usagidrop_sub1

松山ケンイチをはじめ、桐谷美玲、綾野剛(怪しい個性が生きた)、池脇千鶴、中村梅若、風吹ジュン、高畑淳子と、役者たちがみんないい。 SABU監督の演出も久々に好調。あのサイテーだった『蟹工船』に悪いものをみんな吸い取らせちゃったかのごとく、本作では復調しています。そしてハート・ウォーミングな新境地を開拓しています。

110601_usagidrop_sub2

でもやっぱりSABUなので、画面が疾走します。松山ケンイチが疾走します。愛菜ちゃんをだっこやおんぶしながら、走りまくります。 その走りを見事に捉えながら、一方では白い光にあふれた優しく輝く映像をものにしたのは柳田裕男撮影監督。『ヌードの夜 愛は惜しみなく奪う』を撮った人だったのですね(あの作品の終盤も白い光が印象的でした)。

110601_usagidrop_sub5

子育てと仕事と社会とか、タイムリーな社会性も取り入れながら、堂々たるエンタテインメントに仕上げた原作&脚本も上出来。 ちょっとダンス夢想シーンのおふざけが浮き気味かなあと思いつつも、最初から最後までSABUの「やさしさ」を楽しませていただきました。

|

« サッカー代表戦の9月 | トップページ | KKDのラムレーズンと清里マチスのミルクドーナツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/41506434

この記事へのトラックバック一覧です: 「うさぎドロップ」:愛菜ちゃん無敵!:

» うさぎドロップ [LOVE Cinemas 調布]
宇仁田ゆみ原作の人気コミックを『蟹工船』のSABU監督が実写映画化。祖父の隠し子を引き取って育てることになった主人公が四苦八苦しながらも親になることの意味を悟ってゆくハートフルドラマだ。主演は『GANTZ』、『ノルウェイの森』の松山ケンイチとドラマ「マルモのおきて」が大ヒットし、今ノリにノッている芦田愛菜。共演に香里奈、桐谷美玲、中村梅雀、風吹ジュンらが出演している。... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 01時12分

» 「うさぎドロップ」 子供との時間も、自分の時間だから [はらやんの映画徒然草]
芦田愛菜ちゃんが反則的にカワイイ。 僕自身は結婚もしてないし、(当然のことながら [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 20時45分

» 映画『うさぎドロップ』 [よくばりアンテナ]
松ケンファンの私はずいぶん前から楽しみにしてました、この作品。 普通の会社員ダイキチは祖父の葬儀で、 祖父の隠し子だという6歳のりんを預かることになってしまう。 子育て経験のない独身の青年が育...... [続きを読む]

受信: 2011年9月11日 (日) 07時49分

« サッカー代表戦の9月 | トップページ | KKDのラムレーズンと清里マチスのミルクドーナツ »