« 日本1-0ベトナムの物足りなさ | トップページ | 中谷美紀の舞台「猟銃」 »

2011年10月 9日 (日)

泉昌之の「食の軍師」

Dsc_0778

あの『かっこいいスキヤキ』や『豪快さんだっ!』の泉昌之の新作単行本『食の軍師』(日本文芸社)です。泉昌之30周年なのだそうです。主人公は『かっこいいスキヤキ』以来続く名キャラクター、本郷播。ソフト帽にトレンチコートがトレードマークの彼が、軍師・諸葛孔明に扮して(っていうか時々変身して)繰り広げる「こだわり」の食い物合戦記です。

1話読み切りで描かれる華麗なる「食とのバトル」。おでん、もつ焼、寿司、蕎麦、とんかつ、バイキング、餃子、焼肉、弁当、そして醤油・・・。いやー、楽しいです。笑えます。結局は『かっこいいスキヤキ』と同じことやってるんですよね、30年も。ブレませんねえ。 本郷に対抗するライバル力石を設定したことが作劇上のミソで、より世界が深くなっております。

これ読むと、題材となった食べ物がすっごく食べたくなりますよねー。常に一般庶民の「いじましさ」や「セコイこだわり」で描くB/C級グルメのワンダーランドです。

|

« 日本1-0ベトナムの物足りなさ | トップページ | 中谷美紀の舞台「猟銃」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/42385231

この記事へのトラックバック一覧です: 泉昌之の「食の軍師」:

« 日本1-0ベトナムの物足りなさ | トップページ | 中谷美紀の舞台「猟銃」 »