« すだちとオリーブのグミ | トップページ | 今日の点取り占い169 »

2011年10月 4日 (火)

「モテキ」:今がハジケる超エンタテインメント!

339817_001 映画『モテキ』、うわ、超面白いコレ! この時代をそのままに呼吸しているなう、なエンタテインメント。ポップで笑えて、なんかひとかけらの真実みたいなものまであるのです。

339817_002大根仁監督は小生も『週刊真木よう子』で、面白いと思っていましたが、この人って堤幸彦監督のADだったりしたんですね、『トリック』などで。恋愛に関する名言をビルや道路に映し出すオープニングのギミックから始まって、数々の仕掛けで楽しませてくれます。 こういうおふざけのセンスがワルノリにならないあたりが素晴らしいです(ワルノリになっちゃたのは、『行け!男子高校演劇部』の英勉監督)。女神輿のタイトルバック映像のきらびやかさもサイコーです!

339817_006 主人公の森山未來に対するのは長澤まさみ。って言えば『セカチュー』のコンビなわけですね。いやいや立派に大きくなって。それにしても、ここでの長澤まさみの笑顔は、やはり相当なリーサル・ウェポンであります。「じゃ、ここらでドロンしますんで・・・」と、その後の手裏剣シュシュシュは圧巻でした。

339817_007

麻生久美子もいいですねー。彼女に泣いてすがられて・・・それでも「重い」って切り捨てちゃうなんて、「なんてバカなんだ、未來くん」と思っちゃいますもん。

339817_008

仲里依紗がアゲ嬢とサッパリ顔の両面を見せて、これまた素敵!でも登場場面が少なくて、ちょっと残念。もう少し見たかった感じです。

339817_009

そして真木よう子はお得意の(?)毒舌ハードボイルド・キャラ。甘さはないです。男前です。

彼女たちに対する森山未來くんは、現代のある種の男子をものの見事に体現していますが、パフュームも登場する街角ミュージカル・シーンとか、長澤まさみと部屋で二人っきりの場面での跳躍や身のこなしなど、この人の意外な身体能力の高さを見せてくれました。

大江戸的にはリリー・フランキーのチョイ悪オヤジがツボでした。彼の放った名言「彼氏がいないってことは全世界が敵だってことだけど、彼氏がいるってこっとは・・・敵は一人ってことだ」(正確ではないかも知れませんが)には、おお!と目からウロコ。未來くんじゃないけれど、うっかり騙されてしまいそうな説得力がありました(笑)。

ま、ラストはちょっと腰砕けで、弱く中途半端でしたけど、エンドタイトルがWEBサイトの画面を模して・・・てのは、今までありそで無かったパターン。エライです。スゴイです。 そして、これだけヒットしたんですから続編はアリでしょうねえ。

|

« すだちとオリーブのグミ | トップページ | 今日の点取り占い169 »

コメント

うわっ!可愛いお嬢さん達がいっぱい。
もうコレだけでこの映画観に行っちゃいます。

大江戸さんって映画会社の回し者?

投稿: risi@いけばな | 2011年10月 5日 (水) 07時46分

こんにちは♪。

面白かったですね~。凹んだりはじけたり、ふむふむと納得したり。

里依紗ちゃん、使用後、使用前、どちらも可愛かったですね♪。
朝起きた時、暗い場所で見たのとの違いがああいうギャップなら男性は嬉しいんじゃないかと?。

そうそう、墨さんの名言、私も「おぉ!」と目から鱗でした。
そりゃ~、もてるよ、墨さん!。とも納得した次第です。


投稿: みぃみ | 2011年10月 5日 (水) 09時26分

risiさま、どうも。 映画会社の回し者ではありませんが、観る気になっていただけたのなら、映画界の回し者かも知れませんね。手数料は入りませんが・・・。

みぃみさん、ありがと♪ 里依紗ちゃんは薄メイクで横向いたりすると、ほんとニノ(二宮和也)に似てるんだよね。 濃メイクでセクシー衣装だとゼブラクイーンに寄りますけど。

投稿: 大江戸時夫 | 2011年10月 6日 (木) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/42272975

この記事へのトラックバック一覧です: 「モテキ」:今がハジケる超エンタテインメント!:

» モテキ [LOVE Cinemas 調布]
久保ミツロウの同名人気コミックスで、ドラマ化されて評判を呼んだ「モテキ」の劇場版。主演は『その街のこども』の森山未來。共演に『岳 -ガク-』の長澤まさみ、『ロック ~わんこの島~』の麻生久美子、『時をかける少女』の仲里依紗、「SP」シリーズの真木よう子といった豪華な女優陣が揃う。監督はドラマ版の監督も務めた大根仁。... [続きを読む]

受信: 2011年10月 4日 (火) 23時52分

» 映画:「モテキ」♪。 [☆みぃみの日々徒然日記☆]
平成23年9月26日(月)/。 映画:「モテキ」。 【監督・脚本】大根仁 【原   作】久保ミツロウ 【 キャスト 】森山未來 (藤本幸世)・長澤まさみ (松尾美由紀)・麻生久美子 (枡本留未子)         仲里依紗 (愛)・真木よう子 (唐木素子)・新…... [続きを読む]

受信: 2011年10月 5日 (水) 09時22分

» 「モテキ」 恋の一喜一憂 [はらやんの映画徒然草]
「モテキ」、それは人生において突然、異性に持てる時期、らしい。 そんなもんあるん [続きを読む]

受信: 2011年10月 5日 (水) 18時44分

» モテキ [映画的・絵画的・音楽的]
 『モテキ』を新宿バルト9で見ました。 (1)この映画のことは予告編で知って、面白そうだなと思い見てきましたが(ですから、漫画もTVドラマも知りませんでした)、予想どおり実に楽しい気分で映画館を後にすることができました。  映画はどこをとっても面白さに溢れて...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 18時44分

» 「モテキ」吾輩にも来るのか(^^;?? [シネマ親父の“日々是妄言”]
[モテキ] ブログ村キーワード  まさかのテレビ東京深夜ドラマ枠からの映画化!「モテキ」(東宝)。ドラマにひき続き人生において突然、異性に持てる時期=“モテ期”が訪れた“低恋愛偏差値男”が巻き起こす、有り得ない“ウルトラ・ミラクル・ラブストーリー”。大爆笑必至です!  藤本幸世(森山未來)、31歳“セカンド童貞”。派遣社員だった2年前、人生史上初めて突如訪れた“モテ期”に、4人の女の子と恋愛模様を繰り広げるもすべて実らずに終了。因縁浅からぬ“墨さん”(リリー・フランキー)がCEOを務める... [続きを読む]

受信: 2011年10月10日 (月) 15時46分

» モテキ(2011-073) [単館系]
久保ミツロウの同名人気コミックを映画化。 ドラマ化もされその1年後という設定で同氏がこの映画を元に 書きおろし。 監督はドラマ版の監督も務めた大根仁。 主演は森山未來。 ドラマ及び原作は未見。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月11日 (火) 00時05分

» 映画:モテキ 今年のベスト10にランクインしそうな、2011年型 日本恋愛コメディ! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
映画がテンポよく立ち上がって早々、 「歌手本人」も登場する、プロモーションビデオを圧倒的に凌駕する鋭い出来栄えの挿入歌で、一気に昇天! (「500日のサマー」へのオマージュだそう、な〜る〜) もうこのあとは、ラストまで一気に突き進むのみ。 この音楽起用...... [続きを読む]

受信: 2011年10月25日 (火) 21時14分

« すだちとオリーブのグミ | トップページ | 今日の点取り占い169 »