« ケムール人のソフビ人形 | トップページ | 今日の点取り占い171 »

2011年10月16日 (日)

「女と銃と荒野の麺屋」:イーモウ+コーエン+かくし芸大会

340398_005

映画『女と銃と荒野の麺屋』を観ましたが、なぜ今チャン・イーモウがこのような作品を?!ってのが、実に謎。極彩色の歴史もの犯罪スリラーwithコミカルな味付けという、なんとも面妖な作品です。

340398_004

それにしても確かにタイトル通り、女と銃と荒野の麺屋のお話でして、チャン・イーモウらしい映像の素晴らしさです。でも、けったいな奴らが騒ぎまくって、「これってコメディー?(タイトルもそれっぽいし)」って感じの序盤。出てくる役者の顔も、ナイナイ岡村みたいだったり、野沢直子みたいだったり、オセロの中島みたいだったり、太った太田光みたいだったりして、ますますもって怪作感を醸し出しています。「芸能人かくし芸大会」の中国語劇か??

序盤のハイライト340398_002は3人で連携して麺を打つシーンでしょう。「打つ」と言っても、ピザ職人と同じ要領で、丸く伸ばした種を空中でぐるぐる回して、遠心力でどんどん大きくしていくというもの。俳優たちもどれだけ練習したのでしょう。見事です。「かくし芸大会」の出し物にありそうです。

ただ中盤までは割とかったるい展開で、かなり眠かったです。話が動いて面白くなるのはやはり終盤。

340398_001

本作がインスパイアされたコーエン兄弟の『ブラッド・シンプル』がどういう話だったかは、正直忘れてしまいましたが、終盤における銃や死体の扱い、ドアや光のビームや血だまりには微かな記憶が呼び覚まされました。ここらへんの映像と演出に関しては、本家に負けていないんじゃないでしょうか。ラスト2-30分のみがやけに面白い作品でした。

|

« ケムール人のソフビ人形 | トップページ | 今日の点取り占い171 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/42545386

この記事へのトラックバック一覧です: 「女と銃と荒野の麺屋」:イーモウ+コーエン+かくし芸大会:

» 銃と女と荒野の麺屋 [LOVE Cinemas 調布]
コーエン兄弟のデビュー作『ブラッド・シンプル』を『サンザシの樹の下で』のチャン・イーモウ監督が中国版リメイク。夫と妻、妻の浮気相手に店員、そして悪徳警官といった登場人物が己の欲のために辿る運命を描いた異色のクライムサスペンスだ。出演は『王妃の紋章』のニー・ターホン、『花の生涯~梅蘭芳~』のスン・ホンレイら実力派が揃う。... [続きを読む]

受信: 2011年10月16日 (日) 23時30分

» 女と銃と荒野の麺屋・・・・・評価額1500円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
人間とは、滑稽な生き物なり。 「女と銃と荒野の麺屋」は、コーエン兄弟のデビュー作として知られる、1984年製作のクライム・ムービーの傑作「ブラッド・シンプル」を、中国を代表する巨匠チャン・イーモウがリ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月17日 (月) 20時43分

« ケムール人のソフビ人形 | トップページ | 今日の点取り占い171 »