« 天皇杯、ベルマーレ散る | トップページ | しょうがの冬 »

2011年12月25日 (日)

元祖自由が丘モンブラン

Dsc_1015

自由が丘の「モンブラン」という店のモンブランを食べました。なんでも日本で初めてモンブランを作ったお店なのだそうです(ちなみに世界で初めては、パリのアンジェリーナ)。1933(昭和8)年の創業で、その頃からモンブランを出しているのです。

Dsc_1016

なるほど、確かにトラッドなモンブランなのですが、上には栗が乗っているのではなく、メレンゲか何か。紙のカップケーキ状なのと、黄色いラーメン状なあたりが、いかにも伝統のモンブランです。味はけっこうあっさりしていて、栗感がそんなに強くありません。おいしいんだけど、モンブランってもっと栗っぽくない?ってのが、正直なところでした。

まあ、見てくれとかは確かにMont Blanc(白い山)ですよね。黄色いラーメン状+栗だと、なにが「白い山」なのかわかりませんもんね。

|

« 天皇杯、ベルマーレ散る | トップページ | しょうがの冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/43509591

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖自由が丘モンブラン:

« 天皇杯、ベルマーレ散る | トップページ | しょうがの冬 »