« 湘南、川崎を下してベスト8に! | トップページ | 銀座線の墨ベタ »

2011年12月19日 (月)

ショウほど素敵な商売はない

知り合いのバンドが渋谷のライブハウスでやるってんで、ちょっくら跳ねてきました。いやー、結構カッコイイんです、右耳しばらくダメになりましたけど。ヴォーカル兼ギター君が知り合いなのですが、やはりステージ上では違うんです。ゾクゾクくるようなネ甲オーラが出てるんです。表現者というのは素晴らしいものです。

ああ、小生もロックorポップ・ミュージシャンには成りたかったものであります。楽器できないけど(あ、でもオカリナと附録的なテルミンを少々・・・)。カラオケだけじゃ、空しいもんね。

あと成りたかったのは俳優。もしくはショー・ビジネスに関わる人。「食えない」のが怖くて、そうもできなかったけど(そもそも演劇も文化祭以外やったことない(笑)し)。でも「ショウほど素敵な商売はない」(There's no business like show business.)と、いつも思います。そう、芝居のカーテンコールで目頭を熱くしながら、常にそう思うのです。映画『オール・ザット・ジャズ』なんか観ても、やはりそう思います。人生は“It's show time,folks.”。

先日ちょっとしたご縁で映画の撮影に立ち会う機会があったのですが、やっぱり超ハードな現場でも、現場の素晴らしさ、みんなで作品を作り上げることの魔力に魅かれて、多くの人が心身をすり減らしながらも集まっているのでした。スタッフも安報酬でしょうし、エキストラの人なんか記念品だけで集まってたりします。深夜だろうが徹夜だろうが寒かろうが。それでも映画には、創作の現場には、人を吸い込む恐るべき力があるのです。 自分は普通のサラリーマンであるだけに、いや、だからこそそういった世界へのあこがれや尊敬やコンプレックスは、絶えることなくふつふつとあるのです。

|

« 湘南、川崎を下してベスト8に! | トップページ | 銀座線の墨ベタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/43428513

この記事へのトラックバック一覧です: ショウほど素敵な商売はない:

« 湘南、川崎を下してベスト8に! | トップページ | 銀座線の墨ベタ »