« 「ネムリユスリカ」:先の読めなさと希望 | トップページ | 「ぴあ」映画コーナーがネットで復活 »

2011年12月14日 (水)

「監督失格」:愛と衝撃と年月

339119_001

映画『監督失格』は、2005年に34歳で急逝したピンク&AV女優の林由美香と、その元恋人(不倫)の映画監督平野勝之の関係とその果てを見据えたドキュメンタリー。ただならぬ作品ではあります。

339119_002

後半の衝撃的な場面、つまり平野と由美香ママが、由美香の部屋で彼女の死を発見するところ(廊下に置いたカメラが捉えた長回しの映像)は、映画史上かつて無かった問題場面には違いありません。ここでの母のリアクションの痛ましさは、正視し難いほどです。

339119_006

ラスト近くの、魂を抜かれたような由美香ママの姿には、静かな穏やかさの中に、確かに「地獄を見た者」の気配が満ちていました。 

339119_003

十数年の時間の経過、その中でずーっと保たれてきた平野の由美香への思い。由美香の死後5年間、一切映画が作れなかった監督。男は引きずるんだよねえ。そして、これを愛と呼ばず何と呼びましょう。26歳の林由美香がつぶやく「幸せです」の美しいカット。 ただラストの自転車暴走号泣は、ちょっと感心しなかったけどなあ・・・。

この作品、『エヴァンゲリヲン 新劇場版』の「カラー」が制作してて、庵野秀明がプロデュースしてるんです。昔の写真や葬儀の写真に庵野さんが写ってたりもするのです。

|

« 「ネムリユスリカ」:先の読めなさと希望 | トップページ | 「ぴあ」映画コーナーがネットで復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/43368590

この記事へのトラックバック一覧です: 「監督失格」:愛と衝撃と年月:

» しあわせなバカタレ〜『監督失格』 [真紅のthinkingdays]
 2005年、35歳の誕生日の僅か2時間前にこの世を去った女優、林由美香。 かつて彼女と不倫関係にあり、長年友人関係にあった映画監督・平野勝之 が、自らの気持ちに「けじめ」 をつけるべく製作したドキ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 09時19分

» 監督失格(2011-068) [単館系]
林由美香というAV女優さんがいました。 35歳になる2日前、監督によて遺体として発見される。 この作品は平野勝之監督と東京の新宿→北海道の旅を する「由美香のドキュメンタリーのダイジェスト版+αとなっ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月14日 (水) 21時45分

« 「ネムリユスリカ」:先の読めなさと希望 | トップページ | 「ぴあ」映画コーナーがネットで復活 »