« あずきとはちみつのキャラメル | トップページ | 2011洋画トップテン »

2012年1月22日 (日)

「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」:目と耳と心で

340493_003

340493_005

映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』は、成島出らしくウェルメイドな140分。オーセンティックでありながら、現代の戦争映画らしい視点も兼ね備えた良作です。

戦争の全体像ではなく人間・山本五十六にフォーカスしたことが、作品成功のポイント。大きい人です。見事な人です。少なくともこの映画の中では。 オンでもオフでも魅力的な人として描かれていますし、役所広司が説得力を持って堂々と演じています。 結局今こういう人物を演じられる日本人俳優って、役所さんか渡辺謙かのどちらかになっちゃうんですよねー。

340493_004

現代へ通じる要素として、組織の中での人間の葛藤なども描かれますが、それ以上に痛烈に描かれるのが新聞報道の戦争責任。新聞社主幹役の香川照之が本作中唯一の悪人キャラとして、とっても嫌な感じを振りまいています。彼の独善性と変わり身の早さが、まさに五十六の対極として描かれます。製作委員会に読売新聞社も入っているのに、いいのか? まあ読売は紙面においても5-6年前に、戦争責任の検証ということで自己批判しておりましたからね。

真珠湾攻撃の後から終盤までの間、やや中だるみがあったのが惜しいで340493_012すけど、悪くない出来。少なくとも去年の成島作品としては『八日目の蟬』よりもこっちです(まあ小生の一番好きな成島作品は『ラブファイト』ですけど)。 

ラストの焼跡となった廃墟・東京は、今の日本人が見ればどうしても東北大震災の被災地とオーバーラップしてくる光景です。本作においてはそこを深読みする必要はないのですが、「自分の目で見て、耳で聞いて、心で感じて、広い世界を見る」ことは、昔も今も変わらず心すべきことに違いありません。

|

« あずきとはちみつのキャラメル | トップページ | 2011洋画トップテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/43838898

この記事へのトラックバック一覧です: 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」:目と耳と心で:

» 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [LOVE Cinemas 調布]
米英との開戦に最後まで反対するも、真珠湾攻撃を指揮することになった連合艦隊司令長官・山本五十六の実像に迫るヒューマンドラマだ。主人公・五十六を演じるのは『最後の忠臣蔵』の役所広司。共演に柄本明、柳葉敏郎、玉木宏、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平ら早々たる顔ぶれが揃う。監督は『孤高のメス』、『八日目の蝉』の成島出。... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 00時56分

» 『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」□監督 成島 出 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□キャスト 役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、       袴田吉彦、五十嵐隼士、坂東三津五郎...... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 08時24分

» [映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』を観た)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」を観た。  これまた、作品としては、非常に抑制の効いた良作であった。  手触りとして、スティーブン・ソダーバーグ監督の諸作品みたいな、ドラマチック性を排除した作りだ。  日本の戦争映画は、妙に激...... [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 18時43分

» 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」 今現在、作られ、観られる意味 [はらやんの映画徒然草]
太平洋戦争が始まったのは1941年、ちょうど現在から70年前のことです。 本作は [続きを読む]

受信: 2012年1月23日 (月) 19時50分

» 聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
70年前の日本に見える“平成”の姿。 東日本大震災によって、文字通り日本列島に激震が走った今年は、やはりこの国の歴史のターニングポイントとなった、太平洋戦争の勃発から70年という節目の年でもある。 ...... [続きを読む]

受信: 2012年1月24日 (火) 22時02分

« あずきとはちみつのキャラメル | トップページ | 2011洋画トップテン »