« 「ブリューゲルの動く絵」:生活描写の面白さ | トップページ | 「ミラノ、愛に生きる」:意外やトンデモ映画です »

2012年1月 4日 (水)

「CUT」:直球すぎて気恥ずかしい

340630_005

映画『CUT』はイラン人監督アミール・ナデリによる日本映画。大真面目なんだけど、なんとも珍妙な作品ではありました。

340630_009

映画マニア(シネフィル)の西島秀俊が、借金返済のために殴られ屋としてひたすら殴られる」ってだけの映画なんですけど、そこに超「映画愛」をからませたところが、良くも悪くもユニークなところ。っていうか、決して成功しているとは思えません。

340630_002

だって、あれだけ青臭くストレートにシネコン批判、「娯楽映画だけ」批判、芸術映画賞賛を叫ばれても、こちらとしては随分とむずがゆく、気恥ずかしく、なんだかたまらない感じです。そういうことは、もっと小さな声で語って欲しいと思います。

340630_006

確かここでの西島には鬼気迫るものがありますし、ナデリのストイックな演出には、何かしら宿るものがあります。けれでもこの過剰に直球な映画愛は、あまりにも自慰的すぎて「芸術」に昇華していません。娯楽としても成立していませんし・・・そこが残念です。 若々しい常盤貴子はいいんだけどね。340630_004

(以下多少ネタバレあり) クライマックスの「映画100本」は、欧文のタイトルと制作年度のみ(ベストテンは画像付き)ながら、大江戸のようなシネフィルにはこたえられないところ。数えてたのに間違い無ければ100本中13本が日本映画でした。 第1位『市民ケーン』では、かの名作のフッテージも引用されています。 ああ、みんなも映画好きだったら、ちゃんと『市民ケーン』観てね。

|

« 「ブリューゲルの動く絵」:生活描写の面白さ | トップページ | 「ミラノ、愛に生きる」:意外やトンデモ映画です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/43623702

この記事へのトラックバック一覧です: 「CUT」:直球すぎて気恥ずかしい:

» CUT [LOVE Cinemas 調布]
イラン人監督アミール・ナデリが日本を舞台に日本人俳優で制作。売れない映画監督が借金返済のために殴られ屋になるのだが、彼を通じて溢れんばかりの映画愛が感じられる作品だ。脚本には『東京公園』の青山真治とが参加している。主演は『サヨナライツカ』の西島秀俊。共演にでんでん、常盤貴子、菅田俊、笹野高史、鈴木卓爾らが出演している。... [続きを読む]

受信: 2012年1月 4日 (水) 23時09分

« 「ブリューゲルの動く絵」:生活描写の面白さ | トップページ | 「ミラノ、愛に生きる」:意外やトンデモ映画です »