« 今日の点取り占い179 | トップページ | 今期のベルマーレ大丈夫? »

2012年1月14日 (土)

「無言歌」:重い・暗い・辛いの三拍子

340745_001

映画『無言歌』は、1960年の中国における歴史上の汚点を描いた告発的作品。当然、中国国内では公開されていない作品です。 重く暗く厳しい作品なので、覚悟してご覧ください。間違ってもデートムービーに選んだりしてはなりませぬ。正月に観る映画でもないですよねえ。

340745_002

騙し打ちのような右派弾圧で、ゴビ砂漠の収容所に送られた男たちを襲う苛烈な日々。筆舌に尽くしがたい飢え(と寒さ)が描かれます。ほとんど「汁」にしか見えない「粥」はともかくとして、飢餓の果てにネズミや、吐瀉物の中の木の実や、仲間の死骸までを口にする「地獄」。こりゃあ確かに、どんどん死んじゃいますわ。

340745_004

上海から来た女が、夫の死を知った時の慟哭の凄さ。墓(土饅頭)を探してさまよう彼女。 とにかく「観たくないもの・辛いもの・嫌なもの」を延々と見せられる感じです。 大江戸本人も「なんで金払って、こんな辛い思いをせにゃならんのか?」と思いますけど、まあ映画マニアにとっての「義務」のようなもの。楽しい映画がある一方での「税金」のようなものと考えるしかありますまい。

340745_005

それでも新藤兼人監督がコメントしたように「人間がおかした罪として、はっきりと残しておかなければならない。」ってことですよね。ナチスの罪と同じように、きっちり記録して伝えて、風化させないように次の世代につなぐことが、私たち一人一人の義務なのだと思います。

|

« 今日の点取り占い179 | トップページ | 今期のベルマーレ大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/43735939

この記事へのトラックバック一覧です: 「無言歌」:重い・暗い・辛いの三拍子:

» 『無言歌』 [シネマな時間に考察を。]
夫の死の行方を知る妻の慟哭なる叫びこそ、 いみじくも高らかな無言歌となり、 言葉と感情と気力の全てを失った男達の心にじわり、 命の向上への風穴を開けてゆく。 『無言歌』 2010年/香港・フランス・ベルギー 監督・脚本:ワン・ビン(王兵) 出演:ルウ・イエ... [続きを読む]

受信: 2012年1月27日 (金) 22時06分

« 今日の点取り占い179 | トップページ | 今期のベルマーレ大丈夫? »