« 大丈夫かU-23代表 | トップページ | 湘南存続の危機?! »

2012年2月 7日 (火)

「ヒミズ」:泥だらけの純情神話

340494_003

映画『ヒミズ』(ヒミズ=日見ずがモグラのことだとは、初めて知りました)は絶好調・園子温の話題作。相変わらず荒っぽいけど、バランス良くないけど、でもパワフルです。

340494_007

ヴェネチア映画祭で最優秀新人俳優賞を受賞した二人(染谷将太と二階堂ふみ)の素晴らしさが、作品を輝かせています。泥だらけになり、水浸しになり、ビンタを張り合い、泣き、叫び・・・と、全身を使った熱演。まだ幼い二人の、ひりひりするような精一杯かげんを見て、小生は相米の『翔んだカップル』における薬師丸ひろ子と鶴見辰吾を想い出しました。まあ二階堂さんは、薬師丸というより宮崎あおい似なのですが・・・。

340494_006

その他の面々も笑っちゃうぐらい「園ファミリー」でして--でんでん、吹越満、神楽坂恵、渡辺哲、黒沢あすか、光石研、吉高由里子、西島隆弘・・・。でも本作では染谷君とふみちゃんに食われたのか、みんなそこそこの芝居で終わっちゃってます。

340494_012

3.11大震災の被災地でのロケが、良くも悪くもこの作品に独自の意味をもたらしています。絶望と再生への希望。あまりにも明快なメッセージがストレートに迫ります。 しかし大江戸は、この被災地のロケ映像が無かった方が、より普遍的かつ神話的な複雑さと強度を獲得したのではと思えてならないのです。そう、この作品は「神話的」です。オイディプスであり、アダムとイヴであり・・・そしてキム・ギドクの『魚と寝る女』が神話的であるのと同様に神話的なのです(池の真ん中に浮かぶ小屋!)。

340494_001

(以下多少のネタバレあり) ラストで少女が叫ぶ「住田がんばれ!!」は自らへのエールでもあります。なにしろ自分用の真っ赤な首吊り台を作られた彼女の「地獄」は、まだ何も片付いてないのですから。それでも観ている私たちは絶望よりも、ほのかな希望を信じられる。なぜならそこには愛があるから・・・そんな園子温らしからぬラストに仕上がっているのでありました。

|

« 大丈夫かU-23代表 | トップページ | 湘南存続の危機?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44013847

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒミズ」:泥だらけの純情神話:

» ヒミズ・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
これが、ポスト3.11のリアル。 「ヒミズ」は、昨年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」という、人間のダークサイドを描いたパワフルな2作品で気を吐いた、園子温監督による最新作。 原作は古谷実の同名漫画で、今...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 20時45分

» ヒミズ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。  園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 8日 (水) 04時57分

» ヒミズ ひみつやないよ、ヒミズだよ。もぐらのことなんだって。 [労組書記長社労士のブログ]
【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。 今日、東京に中途半端な時間に到着して...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 9日 (木) 09時25分

» ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004) [単館系]
12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全4巻。 2...... [続きを読む]

受信: 2012年2月25日 (土) 21時17分

« 大丈夫かU-23代表 | トップページ | 湘南存続の危機?! »