« 今日の点取り占い182 | トップページ | 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」:面白さ復活&泣けます! »

2012年2月12日 (日)

「哀しき獣」:血と骨

340864_004

映画『哀しき獣』は、2009年の『チェイサー』で鮮烈なデビューを飾ったナ・ホンジンの2作目。こちらも前作同様に禍々しいバイオレンス・アクション・ミステリーです。

340864_003

血糊にまみれたハードなバイオレンス描写は、韓国映画ならでは。凶器が包丁とか斧とか棍棒的な骨だったりするあたりが、リアルに痛そうです。顔面血まみれシーンがこれだけ多い映画も珍しいです。

340864_002

主演の二人は『チェイサー』の二人なのですが、うーん、逃げる男ハ・ジョンウみたいな役者は何とか日本にもいそうですね。顔的にも大森南朋とか加瀬亮に似てますし。 でも追う男キム・ユンソクみたいなガタイのいい(やや太目)ワイルド系な奴って、日本にはいないんですよね。韓国においてはチェ・ミンシクだとかソン・ガンホとか、このタイプはお家芸だからなあ。

重量感あふれるカーアクション&カーチェイスの場面も、ほんとにケガ人が340864_001出そうな危険度ビンビンの迫力。 それにしても昨年公開の『悪魔を見た』や『アジョシ』もそうですが、韓国伝統の超ハードな残酷暴力描写、その重厚な暗さと骨のきしむような迫力には、いつも観てて疲弊しちゃいます。『チェイサー』同様の全力疾走の連続にも、エネルギーを吸い取られますし。

340864_005

シンプルで直線的だった『チェイサー』に較べると、こちらは随分と混み入ってて、しかも抑制した「ほのめかし」的表現が多くて、何がどうなっているのかがわかりにくいです。それって、このような娯楽映画にとっては欠点に違いなく、大江戸としては前作の勝ちと言わざるを得ないところなのです。

|

« 今日の点取り占い182 | トップページ | 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」:面白さ復活&泣けます! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44080337

この記事へのトラックバック一覧です: 「哀しき獣」:血と骨:

» 哀しき獣・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
クソ親父、駆ける。 2009年に公開された途方もなく恐ろしいスリラー、「チェイサー」で鮮烈なデビューを飾った韓国の俊英、ナ・ホンジン監督の待望の第二作である。 借金苦から殺人を請け負ってしまった一...... [続きを読む]

受信: 2012年2月12日 (日) 01時03分

» ■映画『哀しき獣』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
『チェイサー』のナ・ホンジン監督が贈る衝撃の韓国映画『哀しき獣』。 観ている最中、まさに鈍器で頭を殴られるような衝撃を味わうことができます。 スイートなラブストーリーだけでなく、こういう人間の本質をえぐるような映画を生み出せるのが、韓国映画の底力だよなあ。... [続きを読む]

受信: 2012年3月 6日 (火) 04時43分

» 哀しき獣/황해 [LOVE Cinemas 調布]
衝撃の問題作『チェイサー』のナ・ホンジン監督と、俳優のハ・ジョンウ、キム・ユンソクの3人が再び組んだコリアンノワールだ。借金返済のために韓国に密入国した韓国系中国人=朝鮮族の男が思わぬ事態に巻き込まれ、命を狙われることになる。ハ・ジョンウとキム・ユンソクが見せる演技は相変わらず鬼気迫る迫力だ。... [続きを読む]

受信: 2012年3月 7日 (水) 00時47分

« 今日の点取り占い182 | トップページ | 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」:面白さ復活&泣けます! »