« 「おとなのけんか」:舞台の方がいいんだろうなー | トップページ | 梅は枝ぶり »

2012年3月10日 (土)

「はやぶさ 遥かなる帰還」:致命的な説明不足

340557_006

映画『はやぶさ 遥かなる帰還』(東映)は、昨秋の堤幸彦版『はやぶさ HAYABUSA』(ワーナー)に次ぐ競作第2弾で、監督は瀧本智行。第3弾の本木克英版(松竹)は3Dで、ちょうど公開になったところ(3作の劇映画の前に、ドキュメンタリーも1本あり)。

340557_001

本作は噂によると、競作の中で一番大人の男向けの、『プロジェクトX』的作品だとのことだったのですが・・・。うーん、まあ町工場の社長さんを出したり、JAXAの人たちとメーカー(NEC)の人との葛藤を描いたりはしていますが、『プロジェクトX』ほどキチンとは描かれていないし、そんなに面白くもなかったですねえ。

340557_002

何よりも娯楽映画として致命的なのは、「何が起こっているのかを、ちゃんと伝えられていない」こと。あの親切丁寧(すぎるほど)だった堤版と較べるとあまりにそっけなくて、はやぶさの物語をあまり知らない人にとって不親切な作りです。はやぶさがどう動いて、どうなって、何がまずくて、そこを工夫してどうしたのか・・・といったあたりが、映像はおろか台詞でさえもあまり説明されておらず、「そこにこそ面白さがあるのになあ」と、残念でなりませんでした。

340557_003

それにしても渡辺謙の役って、堤版では佐野史郎が演じた人でしょ。あまりのタイプの違い、体型の違いに驚いちゃいます(科学者とは思えないほど、ぱっつんぱっつんにガタイのいいケン・ワタナベ!)。 彼がカリントウ好きっていう設定は・・・、大江戸はカリントウと惑星イトカワの形が似てるからだと見ました!

|

« 「おとなのけんか」:舞台の方がいいんだろうなー | トップページ | 梅は枝ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44444959

この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ 遥かなる帰還」:致命的な説明不足:

» 「はやぶさ 遥かなる帰還」 淡々としてる [はらやんの映画徒然草]
日本中が熱狂した「はやぶさ」プロジェクトの映画化作品です。 本作は東映作品ですが [続きを読む]

受信: 2012年3月10日 (土) 23時25分

» [映画『はやぶさ 遥かなる帰還』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆う〜む、「映画」ってのはつくづく面白いものだと感じた。  <小惑星探査機「はやぶさ」>の軌跡であり奇跡を描いた作品は、短期間の間に3作品の競作を数え、数週間後にも松竹版が控えている。  そもそもの旅路がドラマチックなのだが、しかし、こうも連続するとさ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 07時09分

» 『はやぶさ 遥かなる帰還』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「はやぶさ 遥かなる帰還」□監督 瀧本智行□脚本 西岡琢也□原作 山根一眞(「小惑星探査機はやぶさの大冒険」)□キャスト 渡辺 謙、江口洋介、夏川結衣、小澤征悦、中村ゆり、吉岡秀隆、石橋蓮司、       藤 竜也、山崎 努、嶋田...... [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 10時36分

« 「おとなのけんか」:舞台の方がいいんだろうなー | トップページ | 梅は枝ぶり »