« 世界のKitchenから「柑橘ジャスミン」 | トップページ | 「戦火の馬」:THE 古典 »

2012年3月17日 (土)

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」:メリルの芝居を見る映画

341452_001

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は、とにかくメリル・ストリープを見る映画。小生、メリルの顔は嫌い(失礼)なんですけど、この演技の素晴らしさは認めざるを得ません。

特に老境の演技が見事ですね。62歳のストリ341452_002ープが86歳のサッチャーを演じるためにお世話になった特殊メイクの出来が、これまた上々。その助けを受けて、メリルが全身で老女の動きや体型や表情を表現します。

341452_006

また英国首相だった頃のパワーと威厳に溢れる演技もさすがでして、こんな人に怒られたらさぞや怖かったろうなーと思わせるもの。フォークランド紛争で攻撃を決意した時の言葉が、“Sink it!”(沈めちまえ!)ですもん。 

まあなんだかんだ言って、メリルのオスカー受賞は、当然。本来あの長い顔でサッチャーってのは結構無理なんですけど、ヘアスタイルや表情演技などで成りきってます。もちろんソックリさん大会ではない341452_008ので、その演技が深く繊細だからこそ・・ということは、言うまでもありません。

彼女を生涯支え続けた夫デニス役のジム・ブロードベントも好演。ちょっと淀川長治さんに似たお顔で、理想の「内助の功」ダンナを演じておりました。

ただ老境からの細切れ的回想形式による本作は、作品賞としてのオスカー・ノミネーションが無かったことも示す通り、今一つの出来。悪くはないんだけど、終盤の処理がうまくいかなかった印象です。

|

« 世界のKitchenから「柑橘ジャスミン」 | トップページ | 「戦火の馬」:THE 古典 »

コメント

サッチャーの政治家としての実績は すばらしいが あくまで それは 彼女の"光"の面

 孤独な面は彼女の"影"の面。あまり知られない部分 あるいは知られたくない、知る価値がない部分だってあるから・・・

ストリープ演技は さすが女性版デニーロと言われるほど役のリサーチ振り。彼女の演技にデニーロも認めるのも 当然だなと 思いました。

 とある偉大な親を持つ七光り子ども特集で
サッチャーは 双子の息子と娘で 息子"マーク"を溺愛して "娘"キャロルは そっちのけのえこひいき愛情だったそうです。

息子のマークは甘やかし放題が災いしたのか
アフリカ大陸の 「パリ・ダカール レース」で行方不明になった際 サッチャー首相は あわてふためき、国家予算の日本円で2億円つぎこんで捜索したら レースを勝手にリタイヤして  砂漠の中 テント張って のほほんと待ってたそうです。 そして 母マーガレットに対し、

 「SORRY、MOMMY」 (ママ、ごめんな~) と新聞の見出しになっちゃいました・・・・
アホ・・・・(><)

 この騒動が きっかけで、イギリス中が マークのろくでなしぶりが表面化し、サッチャー首相にイギリス国内中から非難を浴びたんです。
 
 育て方を間違えた サッチャーの汚点・・・
でも、そういうのも ひっくるめて "サッチャー"なんです。

投稿: zebra | 2013年2月15日 (金) 19時44分

zebraさん、コメントどうも。 バカ息子の話、初めて知りました。鉄の女も息子には勝てんのですね。

投稿: 大江戸時夫 | 2013年2月15日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44532016

この記事へのトラックバック一覧です: 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」:メリルの芝居を見る映画:

» 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 [タナウツネット雑記ブログ]
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」観に行ってきました。 イギリス初の女性首相であるマーガレット・サッチャーの豪腕政治と知られざる素顔にスポットを当てた、メリル・ストリープ主演の人間ドラマ作品。 2008年に長女のキャロル・サッチャーにより認知症を患っている事実が公表された、イギリス元首相マ... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 00時17分

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady [LOVE Cinemas 調布]
第84回アカデミー賞で主演のメリル・ストリープが3度目のオスカーを獲得した作品。イギリス初の女性首相として“鉄の女”と呼ばれるほどの強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの首相時代と晩年の姿を交互に描き出す伝記ドラマだ。共演に『家族の庭』のジム・ブロードベント。監督は『マンマ・ミーア!』のフィリダ・ロイドが務めている。... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 00時28分

» 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」みた。 [たいむのひとりごと]
3つ目のオスカー像を手にしたメリル・ストリープ。マーガレット・サッチャーの孤独の闘いを見事に演じており、納得の受賞と感じる。かなり強引なところもあるけれど、優柔不断な今の日本に欲しいと感じるリーダーの... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 09時36分

» 映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
11年もの間(1979〜1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存...... [続きを読む]

受信: 2012年3月18日 (日) 11時17分

» メリル専用映画。 【映画】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら]
【映画】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーを メリル・ストリープが演じる人間ドラマ。メリルがオスカー受賞。 【あらすじ】 1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・スト... [続きを読む]

受信: 2012年3月19日 (月) 14時21分

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [映画、言いたい放題!]
ブログネタ:今日の天気は? 参加中 今日も雨です。 最近、雨の日が多いですね。 でもずっと乾燥日が続いていたので 良いのかも。 さて、久しぶりの試写会です。\(^0^)/ 主演のメリル・ストリープがアカデミー賞を受賞したので 楽しみです。 この日も天気は... [続きを読む]

受信: 2012年3月20日 (火) 00時26分

» 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ [映画のブログ]
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...... [続きを読む]

受信: 2012年3月20日 (火) 13時36分

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [労組書記長社労士のブログ]
【=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。 で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。 しかしサッチャーという人に関して...... [続きを読む]

受信: 2012年3月21日 (水) 09時59分

» 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しております。いやあ、なりきってますね、ホントに。    かつて英国初の女性宰相として、国際政治の表舞台に君臨したマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)。老いて一線を退き、静かで孤独な余生を送る彼女には認知症の気が見られ、今は亡き夫... [続きを読む]

受信: 2012年3月22日 (木) 21時17分

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [Akira's VOICE]
切なさしか残らない!   [続きを読む]

受信: 2012年3月23日 (金) 10時36分

» 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」□監督 フィリダ・ロイド□脚本 アビ・モーガン□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、       スーザン・ブラウン、ニック・ダ...... [続きを読む]

受信: 2012年3月24日 (土) 09時03分

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [だらだら無気力ブログ!]
メリル・ストリープの演技が全て。 [続きを読む]

受信: 2012年3月25日 (日) 00時46分

» マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 [映画とライトノベルな日常自販機]
★★★★闘いのトラウマと亡き夫の幻に翻弄される老女の物語”この物語の主人公は、首相時代のマーガレット・サッチャーではなく、政界から引退し年老いて認知症を患っているマーガレット・サッチャーだと自分は思っています。 冒頭のストアのシーンでは、単に牛乳を買うという極めて日常的な場面なのに、すでに時の人ではなくなってしまったことをうまく表しているように感じました。 また、若かりし彼女のもとにオクスフォード大学の合格通知が届いた時に、父親は大喜びでしたが、母親は洗い物の最中で手が濡れてるからと言... [続きを読む]

受信: 2012年3月27日 (火) 08時37分

» 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 1979年から1990年の長期に渡って英国首相を務め、その強硬な姿勢から「鉄の女」と称されたマーガレット・サッチャーの半生を、メリル・ストリープ主演、フィリダ・ロイド監督で映画化。  本年度アカデミー主演女優賞受賞だけあって、メリル・ストリープの演技は... [続きを読む]

受信: 2012年3月28日 (水) 19時03分

» マーガレット・サッチャー [映画的・絵画的・音楽的]
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...... [続きを読む]

受信: 2012年3月31日 (土) 18時50分

« 世界のKitchenから「柑橘ジャスミン」 | トップページ | 「戦火の馬」:THE 古典 »