« 「おかえり、はやぶさ」:競作の中でビリ | トップページ | アンジェ・ココのバターケーキ »

2012年3月25日 (日)

「生きてるものはいないのか」:終末の狂ったコメディー

341276_005

映画『生きてるものはいないのか』は、石井聰互改め石井岳龍の久々の新作。と言うよりは生まれ変わった新生・石井岳龍の第1作といった趣き。

341276_004

岸田賞を受賞した前田司郎の戯曲をもとにした映画化(脚本も前田)だけに、その台詞の応酬が実に舞台的。軽ーいノリの大学生たちの脱力系リアルな台詞が、絶妙な間で繰り出されて、実に新しい感覚。しかもかなり笑えます。 相当新しい「映画の冒険」をやっている感じ。もし、これをコメディーと呼んでいいのなら、森田芳光が『の・ようなもの』でやった事に匹敵する革命です。 まあコメディーだとしても、「狂ったコメディー」と呼ぶべきでしょうが・・・。

341276_006

『メランコリア』『ニーチェの馬』など、最近妙に目につく「終末映画」の1本に数えることもできるでしょう。この3本に共通するのは、「情報から隔絶された状況」ってあたりも、興味深いところです。 そして本作のキモは、いつもの日常が「じわじわと」変質していくところです。341276_001 知った顔も少々いますが、多くの無名の役者たちが効いてます。

(以下ネタバレあり) 染谷将太くんが出てくるので、観てる方としてはどうしても『ヒミズ』を連想してしまったりもします。特にラストで「生きてるものが誰もいなくなってしまったかもしれない」世界にたたずむ彼のショットに、ある種の既視感を感じながらも、そこに漂う絶望感と諦念は『ヒミズ』の真逆に位置するものでしょう。むしろゾンビ映画のような・・・。

|

« 「おかえり、はやぶさ」:競作の中でビリ | トップページ | アンジェ・ココのバターケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44632322

この記事へのトラックバック一覧です: 「生きてるものはいないのか」:終末の狂ったコメディー:

« 「おかえり、はやぶさ」:競作の中でビリ | トップページ | アンジェ・ココのバターケーキ »