« ベルマーレ、ようやく今季初の敗戦 | トップページ | 「バトルシップ」:ジジイ・パワーの勝利 »

2012年4月29日 (日)

「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」:3Dは監督次第

340857_001

映画『Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』は、ヴィム・ヴェンダース初の3D映画。3Dドキュメンタリーにして3Dダンス映画ってことで、観る者の目に新鮮な作品です。

340857_005

2009年、製作準備中のピナ・バウシュ急逝により、製作自体が危ぶまれた本作ですが、彼女の弟子というべきカンパニーのダンサーたちが踊ることで、ピナの世界を表現していきます。

340857_003

彼女のダンスの特徴は、身体性と演劇性。女も男もその肉体の特性に回帰するような動き、そして観客一人ひとりが自らのストーリーを紡ぎ出せるような舞踊です。カンパニーにはいろんな人種の、いろんな体型の人たちがいます。そこらの多種多様性も、特徴的なところです。

340857_004

本作の3Dは、さすがです。見事に「新しい3D効果」を生み出しています。考えてみれば、3Dってダンスや演劇や音楽のライヴなどのパフォーミング・アートにこそ適しているのではないでしょうか。その臨場感や奥行きが、見事な効果を出していました。

340857_006

本作のヴェンダースとか、『ヒューゴの不思議な発明』のマーティン・スコセッシとか、やっぱり3Dも一流の監督が撮ると、その効果がきちんと作品の内容と質に結びついて、良好な化学反応が起きるのですね。スピルバーグの『タンタンの冒険』も作品全体の出来はともかく、3Dの見せ方はさすがに優秀でしたもん。

|

« ベルマーレ、ようやく今季初の敗戦 | トップページ | 「バトルシップ」:ジジイ・パワーの勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/45062078

この記事へのトラックバック一覧です: 「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」:3Dは監督次第:

« ベルマーレ、ようやく今季初の敗戦 | トップページ | 「バトルシップ」:ジジイ・パワーの勝利 »