« さつまいもと珈琲のキャラメル | トップページ | 「コーマン帝国」:継続は力なり »

2012年4月17日 (火)

「アーティスト」:久々スタンダード・サイズ

341445_005

映画『アーティスト』は、今モノクロ&サイレントの映画を、昔のまんまのスタイルで作ろうとした発想の勝利。それにしてもそれをやってくれたのが、ミシェル・アザナヴィシウス監督はじめフランスの方々だとは! 同様に映画創世記を映画愛たっぷりに描いた『ヒューゴの不思議な発明』もパリが舞台でしたし(パリッ子たちがみんな英語で話してましたが)・・・。

341445_004

話としては他愛もないもので、サイレントに限らず今までハリウッド映画で何度となく繰り返されてきたようなパターン。でも、それだからダメってことは全然なくて、娯楽映画ってそれでいいってこと。そしてストーリーではなくて、その「場」における俳優たちの輝きや化学反応を楽しむものなんですよね。

341445_003

主役の男はクラーク・ゲーブルのタイプ。女は(監督の奥様だそうですが)ちょっとライザ・ミネリで、むしろ市川美和子やシェリー・デュヴォールが入ってます。撮影所で出てきたマルコム<時計じかけ>マクドウェル、順調にジジイになっております。 そしてジョン・グッドマンやジェームズ・クロムウェルのおかげで作品の魅力が増しましたし、アメリカ映画の匂いが出ましたね。 (傑作とは言えないけど)悪くはない仕上がりです。

341445_001

新宿ピカデリーで観ましたが、本作のスタンダード・サイズ(1:1.33)のフレームに対して、左右のカーテンがフレームぎりぎりまで届かずという状態。つまり映写されている有効画面はスタンダード・サイズですが、カーテンはそこまでしまらないんですね。ビスタ・サイズやワイド・スクリーンには対応して調節できるのでしょうが、スタンダードは想定の外だったのでしょうね。まあ、ほとんどあり得ないスタンダードのために、設備の費用が増すことを良しとしなかったという現実的判断なのでありましょう。心情的にはちょっと寂しいけどね。それでも天地を切って横長で上映するようなミスが無かっただけでも、良しとすべきなのかも知れませんね。

|

« さつまいもと珈琲のキャラメル | トップページ | 「コーマン帝国」:継続は力なり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44921946

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーティスト」:久々スタンダード・サイズ:

» アーティスト・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
サイレントの夢よ、永遠に・・・ 「アーティスト」は、1920~30年代のハリウッドを舞台に、トーキーに対応できず、時代に忘れられてゆく主人公と、反対にその声を武器にスターダムを駆け上がってゆく若き女...... [続きを読む]

受信: 2012年4月17日 (火) 23時39分

» アーティスト/The Artist [LOVE Cinemas 調布]
新しい時代に対応できないサイレント映画のスター俳優と、その彼に見出されトーキー映画のスターへと上り詰める女優、2人のロマンスをモノクロ映像で描いたサイレント映画だ。『OSS 117 私を愛したカフェオーレ』の監督ミシェル・アザナヴィシウスが脚本と編集も務め、主演の俳優も同作品のジャン・デュジャルダン、ヒロインをベレニス・ベジョが演じている。古きよき映画の時代が偲ばれる作品だ。... [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 00時06分

» 映画:アーティスト The Artist ノスタルジーというより 時代の変化に立ち向かう姿が、実に現代的。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
噂に上がっているこの映画、実はかなり懐疑的な気分だった。 「いまさら白黒サイレント映画で勝負なんて、恐ろしくノスタルジーなのでは?!」 そんな批判的気分が頭の中を満載だった。 ならば早々に見定めようということで、NY滞在中近くのParis theater に駆け込んだ。...... [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 00時43分

» アーティスト [Akira's VOICE]
人生は悲しいが美しい。   [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 10時18分

» アーティスト/ THE ARTIST [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 第84回アカデミー賞にて作品賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞最多5部門受賞 試写にて鑑賞。 監督はミシェル・アザナヴィシウス サイレント映画時代のスター、ジョージを演じたフランスの俳...... [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 10時39分

» [映画『アーティスト』を観た(前編:4コマ漫画)] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆今年のアカデミー最優秀作品賞ですね。  なかなか面白かったですが、ちょっと淡白かな。  でも、かようなオーソドックスな物語には普遍性が宿っていまして、評価せざるを得ない魅力があります。  京極夏彦は、その、ブ厚いデビュー作『姑獲鳥の夏』を語る中で「こ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月18日 (水) 20時12分

» 『アーティスト』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アーティスト」□監督・脚本 ミシェル・アザナビシウス □キャスト ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー、       マルコム・マクダウェル、ミッシ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 08時35分

» アーティスト [我が頭に巣くう映画達]
86点 2011年のフランス映画で、 監督はミシェル・アザナヴィシウス、 主演はジャン・デュジャルダンです。 2011年度のアカデミー賞で 作品賞、監督賞、主演男優賞、作曲賞、衣裳デザイン賞を受賞して...... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 17時36分

» アーティスト [そーれりぽーと]
本年度、噂だけで大本命。 『アーティスト』を観てきました。 ★★★★★ こんなに直接心に響いてくるなんて、魔法にかかったような時間でした。 言葉と周囲の音という余計な情報をシャットアウトし、役者の表情と演技に集中して観られるサイレント映画ならではの効果なんだ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 19時55分

» 『アーティスト』の画期的なところは何か? [映画のブログ]
 こんな映画を観たかった!  映画は、技術の進展とともに様々な要素を付け加えていった。トーキー(音声)もカラー(総天然色)も、後から加わった要素である。  けれども現代の映画の作り手たちが、それら...... [続きを読む]

受信: 2012年4月19日 (木) 23時55分

» 「アーティスト」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナヴィシウス監督、ジャン・デュジャルダン&ベレニス・ベジョ主演。1920年代のハリウッドを舞台に、世間から忘れ去られた無声映画のスター男優と、トーキー映画時代のスター女優の深い愛情を描く、ロマンチックラブス... [続きを読む]

受信: 2012年4月20日 (金) 19時09分

» アーティスト [食はすべての源なり。]
アーティスト(4/7公開) ★★★★★(★満点!) よかったです!! 初めてのサイレント映画で寝ちゃうかも?とか心配してたけど、そんなことは全くなく引き込まれました。 切ないんです。純愛? サイレント映画の大スターだったジョージは、トーキー映画の到来と共に過去の人になり、落ちぶれていく。 一方、ジョージに見初められた新人女優ペッピーは一躍トップ女優へ。 感想を書くとネタバレになってしまう(単純なストーリーなので)ので、控えますが・・・ ペッピーがかっこいい。今時、待つだけのシンデレラじゃ... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 10時22分

» 今、白黒サイレント映画を! [笑う学生の生活]
13日のことですが、映画「アーティスト」を鑑賞しました。 サイレント映画スター ジョージと新人女優ペピー 時代はトーキーへと移り、ペピーはスターへ しかし ジョージはサイレントにこだわり続けて・・・ アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞など 5部門受賞した...... [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 19時15分

» 「アーティスト」 映画の進化 [はらやんの映画徒然草]
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する [続きを読む]

受信: 2012年4月21日 (土) 23時19分

» ■映画『アーティスト』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
サイレント期の映画製作現場、とりわけ映画俳優たちへのリスペクトを表したモノクロのサイレント映画『アーティスト』。 モノクロの美しい映像の中、セリフは最低限がインタータイトル(中間字幕)で表現されるだけなのに、主人公たちの気持ちが鮮やかに伝わってきます。 俳優... [続きを読む]

受信: 2012年4月30日 (月) 23時28分

« さつまいもと珈琲のキャラメル | トップページ | 「コーマン帝国」:継続は力なり »