« 隅田の桜とチェリーシェイク | トップページ | 成功は約束されていないが、成長は約束されている »

2012年4月11日 (水)

「ドライヴ」:東映任侠路線

341123_001

映画『ドライヴ』はクールなアメリカン・ノワールです。主人公役のライアン・ゴズリングが、『ブルーバレンタイン』とは全く違って、寡黙なタフガイをクールに演じます。

341123_002

ド迫力かつサスペンスフルなカーチェイス・シーンは、近年のCGだらけのアクションとは違った、映画本来の魅力に溢れています。そして、そこに裏社会やら道ならぬストイックな恋やらをからめた復讐劇という作劇は、まさに往年の東映任侠映画(もっと遡れば『無法松の一生』とか・・・)。任侠といえば、主人公がつま楊枝をくわえているのも、『木枯し紋次郎』みたいですしね。

341123_003

ゴズリングも最近大活躍ですが、キャリー・マリガンも負けておりませんよね。 うーん、やっぱりカワイ素晴らしい(『SHAME シェイム』でのヌードは、いろんな意味でビックリでしたが)。篇中で彼女が夫と初めて出会ったのが「17歳」って設定は・・・、当然『17歳の肖像』を意識したものなんでしょうね。 あとマフィア役のロン・パールマンが、いつも以上に魁偉なゴリラ!で、そりゃもうスゴイです。

前半はスタイリッシュに、ノン・バイオレントに見せといて、後半はエグイ341123_004暴力が全開で、血がじゃぼじゃぼ出ます。 ラストはピシッと決まり損なった感がありますが、でも十分に評価できる「作家の映画」(監督はデンマーク人のニコラス・ウィンディング・レフン)になっていました。

|

« 隅田の桜とチェリーシェイク | トップページ | 成功は約束されていないが、成長は約束されている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44845229

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドライヴ」:東映任侠路線:

» ドライヴ/Drive [LOVE Cinemas 調布]
表の顔はスタントマン、裏の顔は逃がし屋という凄腕ドライバーが、偶然知り合った女性を愛してしまったが故に思わぬトラブルに巻き込まれてゆく姿を描いたクライムアクション。主演は『ブルーバレンタイン』のライアン・ゴズリング。共演は『SHAME』のキャリー・マリガンが出演している。監督は本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞したニコラス・ウィンディング・レフン。... [続きを読む]

受信: 2012年4月11日 (水) 22時58分

» 映画:ドライブ Drive  L.A.を舞台に 旬のゴズリングがキメる、非常にクールなフィルムノワール。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
旬の男、ライアン・ゴズリングが主演の フィルムノワール。 L.A.を舞台に、タイトル通り Drive することに才能がある主人公を演じる。 プロットとしてはたいしたことがない犯罪もの(はっきり言って) のだが、全くそう感じさせない 非常にクールな描写。 ひとつひとつ...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 02時19分

» ドライヴ・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
その愛は、危険に加速する。 昼はハリウッドのスタントマン、夜は犯罪者の“逃がし屋”として、都市の日陰で生きる孤独な男が、ふとした切っ掛けで知り合った隣家の母子を救うために、裏社会の大物相手に命懸...... [続きを読む]

受信: 2012年4月12日 (木) 22時32分

» ドライヴ [だらだら無気力ブログ!]
冒頭の逃走シーンが素晴らしい。 [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 01時02分

» 「ドライヴ」感想 [新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~]
 「プッシャー」のニコラス・ウィンディング・レフン監督、「ラースと、その彼女」のライアン・ゴズリング主演。昼は自動車整備士とスタントマン、夜は強盗の逃がし屋を営む名もなき男が、愛する女のために命がけの戦いを挑むクライム・サスペンス。  カンヌ国際映画賞監督... [続きを読む]

受信: 2012年4月13日 (金) 18時57分

» 「ドライヴ」 あっしには関わりねえことでござんす [はらやんの映画徒然草]
主人公ドライバー(劇中で名前が出ない)は昼間は映画のカースタント、及び修理工をし [続きを読む]

受信: 2012年4月14日 (土) 21時55分

« 隅田の桜とチェリーシェイク | トップページ | 成功は約束されていないが、成長は約束されている »