« 現代美術っぽい! | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」:ベストof3D、ベストofスコセッシ »

2012年4月 7日 (土)

「日本繁昌大展覧会」の?

Dsc_1239

新宿伊勢丹で開催中の『日本繁昌大展覧会』ってのを見て来ました。タイトルやポスターなどでは、いったいどんな内容かさっぱりわからない謎の展覧会?ですが、参加メンバーに浅葉克己、井上嗣也、佐藤卓、箭内道彦、服部一成、古平正義らデザイン界の才人たちの名前が並んでたので、気になりましてね。

Dsc_1242

まずはショーウインドウ。ここが、「ウインドウ展覧会」として第一会場の扱いになっています。たぶん明治、大正期の広告ポスターが出てる一方で、参加アーティスト(ほとんどがグラフィックデザイナー)がヒーローを扱った新作ポスターが披露されています。ヒーローとしては、月光仮面、ウルトラマン、あしたのジョーからガンダム、島耕作、ポケモン、そしてベアブリック、ストリートファイターまで。ショーウインドウですからファッションやリビング雑貨が陳列されているのですが、それがまったく目立たなくなっちゃって力を殺がれているのはいかがなものか、という気がしました。もう割り切って、商品ナシの展示として割りきれなかったのかなあ。

Dsc_1241

ウインドウは日本橋三越と銀座三越でも展開しているそうです。先日銀座の方は見ました。新宿12名、日本橋、銀座は各4名のアーティストが参加しています。

第二会場は7階。「チャリティ広告展」ということで、入口で東北の子供たちへの寄付をして入る仕組み(入れてない人もいましたけどね)。 ウインドウに出てたヒーローたちのポスターを20人分集めて、作者の言葉も加えての展示がありーの、資生堂のポスターやCMのコレクションがありーの、北原照久さんの広告やら看板やらキャラクターやらのコレクションがありーの、販売コーナーもありーので、相当なごった煮感。

Dsc_1240

これって何なんでしょう? 舞台裏が気になるところです。 アーティストたちの展覧会だけじゃ会場がもたないので、パッケージ“ありもの”としてすぐ用意できる「資生堂セット」と「北原セット」を足して・・・ってこと? それとも船頭多くして船が座礁してしまったのか? 被災地の再生を願って、「日本繁昌」がテーマだってことなんですけど、そう言われてもねえ・・・。 企画が複雑すぎて、頭のの中は終始「?」でした。

Dsc_1243

入口でこんな千社札シールももらったんですけど(豪徳寺で祈祷したものだそうです)、これもねえ・・・。 何に貼ったらいいのかしらん?

p.s.ちょうど会場に浅葉克己さんがいらしてました。

|

« 現代美術っぽい! | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」:ベストof3D、ベストofスコセッシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/44795527

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本繁昌大展覧会」の?:

« 現代美術っぽい! | トップページ | 「ヒューゴの不思議な発明」:ベストof3D、ベストofスコセッシ »