« 池袋のチュロスター | トップページ | 湘南、甲府と何とか分ける »

2012年5月 3日 (木)

「スーパー・チューズデー 正義を売った日」:極めてオトナなエンタテインメント

341570_001

映画『スーパー・チューズデー 正義を売った日』は、今やクリント・イーストウッドに次いで正統派で質の高いアメリカ映画を撮り続けているジョージ・クルーニー監督作品。当然出演もしています。 非常に緊密な知的エンタテインメントとして成功しています。

341570_002

とにかくいい役者が揃っていて、その芝居合戦が見もの。実はいろんな顔やってるのにポーカーフェイスに感じられるライアン・ゴズリングが、またも見事。この主人公の複雑な内面と喜怒哀楽を、抑えた芝居から滲みださせて、見事に表現しています(エンディングの表情も見事)。今売れてるのがわかる、いい役者です。

341570_008

フィリップ・シーモア・ホフマン、ポール・ジアマッティ、マリサ・トメイらも丁々発止の演技バトル。中でもP.S.ホフマンはいつも以上の巧みさで、舌を巻くような好演。そこにじんわりと、いい味を出して・・・当代きっての演技派だと思います。

341570_003_2

その昔、ロバート・レッドフォードが主演した『候補者ビル・マッケイ』という、やはりアメリカの選挙の暗部をえぐった作品がありましたが、映画としては本作の方が上を行ってます。クルーニーの演出が堂々と見事で、しかもクールな才気がにじみ出てくるのです。そして、「皆まで言わず」に起こっていることを正確に理解させる脚本が、これまたオトナで見事。そう、本作は人間たちのしょうもなさやリアルな世の中のファッキンな泥沼を描いた、極めてオトナなエンタテインメントなのです。

|

« 池袋のチュロスター | トップページ | 湘南、甲府と何とか分ける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/45112431

この記事へのトラックバック一覧です: 「スーパー・チューズデー 正義を売った日」:極めてオトナなエンタテインメント:

» 「スーパー・チューズデー ~正義を売った日~」 生き馬の目を抜く世界 [はらやんの映画徒然草]
先週「ドライヴ」を観たので、本作でライアン・ゴズリング祭りにしようか、「SHAM [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 14時13分

» タイタンの逆襲 (2D) / WRATH OF THE TITANS [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 「タイタンの戦い」から10年後。 サム・ワーシントン、リーアム・ニーソン、レイフ・ファインズが再集結したスペクタクル大作。 監督は、「世界侵略:ロサンゼルス決戦」「テキサスチェーンソー ビギニング...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 22時17分

» スーパー・チューズデー~正義を売った日~・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
政治は、人間によって堕落する。 「スーパー・チューズデー~正義を売った日~」は、俳優としてだけでなく、映画監督としても非凡な才能を発揮する、ジョージ・クルーニーの四本目の監督作品。 原作は、20...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 4日 (金) 22時21分

« 池袋のチュロスター | トップページ | 湘南、甲府と何とか分ける »