« 築地波除稲荷の○○塚 | トップページ | '70-80年代外国映画の展覧会 »

2012年6月10日 (日)

「貞子3D」:ああ「リング」は名作だったなあ

120228_sadako3d_sub4
映画『貞子3D』が、予想以上にどうしようもなくつまらなかったです。「貞子を飛びださせてみよう」っていうっていうシンプルな発想は、『ムカデ人間』の博士の「人間をつなげてみたい」っていうピュアリー・シンプルな発想と共通するものを感じますけど・・・。

341610_004

まず絵的に明るいのがダメ。それだけで何十パーセントも怖さダウン。それとも関連しますが、あの『リング』の禍々しさとか「いやーな感じ」がみじんも感じられません。やけに薄っぺらくて明るくて、あの日本土着の不気味さや怖さ、得体の知れない闇のパワーが、毛頭ありません。まあPCの「呪いの動画」を通じて出てくるってあたりが、いかにも怖くないですもんね。動画自体が、あの『リング』の映像のヤバさに較べて、あまりにもしょーもない出来ですし。嗚呼。

341610_002

キャスティング的にも、男子二人があまりにアイドル的すぎて、役柄に合ってません。瀬戸康史くんが妙に劇団ひとりに似てましたし・・・。 石原さとみが絶叫するとPCの画面とかが割れちゃうのを見てて、『花のピュンピュン丸』でチビ丸が「びえーーー!!」っと泣くところを思ったのは、さすがに小生ぐらいでしょうか・・・。

341610_001

(以下ネタバレあり) 3D効果もあんまり有効なものがあったとも思えず、終盤の貞子の変容(『遊星からの物体X』か何かみたい)によって、完全にモンスター映画になってしまいました。 お年頃のキレイな貞子を橋本愛ちゃんが演じているというのに、中田秀夫版『リング』にあった貞子の哀しみとそれゆえの怨念が抜け落ちちゃっていて、せっかく出た意味も薄かったような・・・。色々と残念な出来でした。

|

« 築地波除稲荷の○○塚 | トップページ | '70-80年代外国映画の展覧会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/45604713

この記事へのトラックバック一覧です: 「貞子3D」:ああ「リング」は名作だったなあ:

» 貞子3D 3D [そーれりぽーと]
Jホラー界のヒール・クイーン貞子がスクリーンに帰ってきた。 『貞子3D』を観てきました。 ★ 「お前じゃない」やない! 「これじゃない」や! 観たかったのはコレジャナイ! 一瀬隆重も、中田秀夫も、高橋洋も携わっていない。 鈴木光司が久しぶりに書いたリングの系...... [続きを読む]

受信: 2012年6月10日 (日) 23時55分

» 貞子3D [LOVE Cinemas 調布]
1988年に映画化されて大ヒットした『リング』が3Dで復活!鈴木光司書き下ろしのシリーズ第5弾『エス』が原作だ。今回は観ると死ぬといわれるネット動画を基点に物語が展開されている。主演は『漫才ギャング』の石原さとみ。共演に『ランウェイ☆ビート』の瀬戸康史、山本裕典、田山涼成らが出演している。監督は『ハンサム★スーツ』、『高校デビュー』などの英勉。... [続きを読む]

受信: 2012年6月11日 (月) 00時01分

» 貞子3D [だらだら無気力ブログ!]
もうタイトルからして・・・どんな程度なものか推測できる・・・。 [続きを読む]

受信: 2012年6月11日 (月) 00時55分

» 貞子 3D [Akira's VOICE]
怖くなさすぎて腹が立つ。   [続きを読む]

受信: 2012年6月11日 (月) 10時24分

« 築地波除稲荷の○○塚 | トップページ | '70-80年代外国映画の展覧会 »