« 日本、オマーンを圧倒 | トップページ | 定番の新たな展開 »

2012年6月 3日 (日)

「レンタネコ」:のんびりゆる~り

120222_rentaneko_sub1

映画『レンタネコ』は、荻上直子監督らしくのんびりゆる~りとした、いわゆる「癒し系ムービー」。小生もどちらかといえば(犬派ではなく)猫好きなので、楽しめました。

341733_012

いきなり出だしから市川実日子と平屋の日本家屋と庭とくれば、どうしてもあの名作『すいか』(NTV)を思い出します。けれども映画はあの群像劇みたいにはならず、市川さんを中心に、4つのエピソードが連なる形となっています。そのエピソードが意識的に「繰り返し」の面白さを狙っているんですけど、十分に成功したとは言い難いかもしれません。

341733_004

まあ全体的な出来としてはそこそこです。でも、「市川実日子と猫を見る映画」としては十分に成功しています。実日子さんの透明感とゆるさかげんが、荻上ワールドには合ってるんだなあ。彼女がメガフォンで「レンターネコ レンターネコ、ネコネコ。 さびしい人に~、ネコ 貸します」と言う「物売りの声」(売らないけど)は実に良いです。いつまでも聞いていたいような名調子でした。

341733_002

山田真歩演じるレンタカー屋の店員さんが良かったですね(っていうか、こういうメガネ顔の人が好きなだけかもしれませんが)。なんか、演劇系の人の芝居だなって感じがある一方で、そのリアルな存在感とかペーソスとか、垣間見せる弱さとかカワイさとか・・・。彼女の「ドーナツの穴の食べ方」なんて最高ですよ! いい人をキャスティングしましたね。ちょっと注目です。 それにしても関係者(っていうかモロ当事者)がクジ引いて当たっちゃあダメなんじゃないでしょうか?

341733_001

小瓶からラッパ飲みするビールが美味しそうだったなあ。ドーナツやガリガリくんも含めて、そこらへんはやっぱり荻上監督ですよね。

|

« 日本、オマーンを圧倒 | トップページ | 定番の新たな展開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/45519488

この記事へのトラックバック一覧です: 「レンタネコ」:のんびりゆる~り:

» レンタネコ [LOVE Cinemas 調布]
『かもめ食堂』や『トイレット』の荻上直子監督最新作。心に寂しい“穴ぼこ”を抱える人と、その人にネコをレンタルするレンタネコ屋をしている女性の交流を描いた人間ドラマ。主演は『東京オアシス』の市川実日子。共演に草村礼子や光石研、田中圭、小林克也らが出演している。様々な種類の可愛らしい猫たちに癒される。... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 23時39分

» レンタネコ [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
映画『レンタネコ』 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る猫を通して人と人との絆を描く「レンタネコ」。猫好きにはいささかビミョーな設定が気になる。都会の片隅の平屋の ... [続きを読む]

受信: 2012年6月 3日 (日) 23時53分

« 日本、オマーンを圧倒 | トップページ | 定番の新たな展開 »