« なでしこ、今は負けてもいい | トップページ | 「女が階段を上る時」:映画が大人だった頃 »

2012年6月19日 (火)

「ル・アーヴルの靴みがき」:ワビサビの人情ばなし

341933_006

映画『ル・アーヴルの靴みがき』は、やはりカウリスマキらではの世界。淡々と、じんわりと、おじさん・おばさん(むしろじいさんばあさん)の世界で、良いです。

341933_003

港町ル・アーヴルの陽光ってこともあり、いつもよりも色が明るい印象(といっても、単純な明るさではないんですけどね)。でも、庶民の、いやむしろ困窮した人々のつましい暮らしの描写が、そして人情がカウリスマキならではだと思います。とにかく「人情劇」ですね。落語にしたいぐらい。そしてパンとか酒とかが、シンプルに、でもやけにうまそうに描かれています。

341933_004

じいさんと警部との敵対しあった距離が徐々に狭まり友情に至るあたりは、『カサブランカ』を思わせました。ここらがやはり人情ばなしとして王道なんですよね。

341933_001

(以下ややネタバレあり) 最後にはズッコケちゃうような「奇跡」を用意してくれているのですが、この掟破りを成り立たせてくれるのは、ラストの桜。あの(日本のものからすると)貧相な感じの桜が咲いているショットで、すべてがオッケーになってしまう映画の不思議。それをわかっている「ファンタジー作家」としてのカウリスマキ。それにしてもあの桜、カラーの古びたようなトーンといい、'50年代頃の日本映画のようです。やはりカウリスマキはワビサビの人です。

|

« なでしこ、今は負けてもいい | トップページ | 「女が階段を上る時」:映画が大人だった頃 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/45719833

この記事へのトラックバック一覧です: 「ル・アーヴルの靴みがき」:ワビサビの人情ばなし:

» ル・アーヴルの靴みがき/Le Havre [LOVE Cinemas 調布]
フィンランドの巨匠アキ・カウリスマキ監督がフランスの移民問題をテーマに描くヒューマンドラマだ。ひょんなことから不法移民のアフリカ人少年を匿うことになった主人公は近所の人々と協力して彼をロンドンに送るべく奮闘するのだが…。主演はアンドレ・ウィルム、共演にカティ・オウティネンほか。... [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 00時51分

» ル・アーヴルの靴みがき [キノ2]
★ネタバレ注意★  フィンランドの名匠、アキ・カウリスマキ監督が、フランスの小さな港街ル・アーヴルを舞台にフランス語で撮った、フィンランド・フランス・ドイツ合作映画。  マルセル・マルクス(アンドレ・ウィルム)はル・アーブルの靴みがき。かつてはホームレスまがいの暮らしを送っていたのだけれど、優しい異国の女性アルレッティ(カティ・オウティネン)と巡り合ったことにより心を入れ替え、いまはベトナム人の相棒チャング(クォック=デュン・グエン)と共に、まじめに靴みがきに勤しむ日々。マルセルが慎... [続きを読む]

受信: 2012年6月20日 (水) 22時49分

« なでしこ、今は負けてもいい | トップページ | 「女が階段を上る時」:映画が大人だった頃 »