« 今日の点取占い189 | トップページ | 緑と赤のキャラメル »

2012年7月 6日 (金)

「ワン・デイ 23年のラブストーリー」:アン・ハサウェイを見る映画

341932_006

映画『ワン・デイ 23年のラブストーリー』は、毎年7月15日だけを取り出して、二人の23年に及ぶ移ろいを追った一風変わったラブストーリー。1988年から2011年という時間の重みが、軽々と描かれています。

341932_002

『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ監督作品ですが、前作のような本格的演出力の冴えを感じはしませんでした。それほどに本作は、7月15日の積み重ねというアイディアが全てとなっています。良くも悪くも。 むしろ今どき珍しい美男美女のメロドラマとして、あえて通俗を指向した感がありますね。ただ、「行間を読む」=描かれなかった364日を想像していく必要があるため、むしろある程度年配のオトナになるほどうなずける作品かも知れません。

341932_001

男(ジム・スタージェス)の方はどうでもいいんです。これはやっぱりアン・ハサウェイを見る映画。年の経過ほどには変化がないような気もしますが、まあヘアスタイルやメガネや服装の変化で、この絶好調女優をたっぷり楽しめます(この後も『ダークナイト・ライジング』や『レ・ミゼラブル』が待ってます)。あのまん丸メガネなんか、もろ大江戸好みです!作りの大きい美人がああいうメガネかけると、似合うんですよねー。 

341932_004

(多少ネタバレあり) 長い年月の中での男女間の友情(愛?)っていうと、これは『恋人たちの予感』(When Harry Met Sally)を思わずにはいられないわけですが、まあこういう関係への「あこがれ」的な感情って誰にもあるのではないでしょうか。両作とも、結局はただの友達ってわけにもいかなくなっちゃうわけですけど。そこらへんのきわどい駆け引きや心の揺れ動きが、一番の見どころではあります。

エンドタイトルにエルヴィス・コステロの“Sparkling Day”が流れますが、そう来るとどうしたって『ノッティングヒルの恋人』のエンディング曲“She”を思い出してしまいます。それだけで評価が何点か上乗せになる、後味の良い歌声です。

|

« 今日の点取占い189 | トップページ | 緑と赤のキャラメル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/46211568

この記事へのトラックバック一覧です: 「ワン・デイ 23年のラブストーリー」:アン・ハサウェイを見る映画:

» ワン・デイ 23年のラブストーリー/One Day [LOVE Cinemas 調布]
とある男女の23年間の恋愛感情と友情を、7月15日という1日のスポットを当てて描いたラブストーリー。ヒロイン役を『レイチェルの結婚』のアン・ハサウェイが、彼女が恋愛感情と友情を抱く男性を『ラスベガスをぶっつぶせ』のジム・スタージェスが演じている。監督は『17歳の肖像』のロネ・シェルフィグ。... [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 02時07分

» ワン・デイ 23年のラブストーリー・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
一年に一日、23回の人生模様。 大学の卒業式の日に出会った一組の男女の、その後23年間に渡る“7月15日”を描く風変わりなラブストーリー。 原作はデヴィッド・ニコルズの同名小説で、原作者自身が手掛けた...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 6日 (金) 22時31分

» ワン・デイ 23年のラブストーリー / ONE DAY [我想一個人映画美的女人blog]
ランキングクリックしてね larr;please click 初めて会話を交わした7月15日から、その「1日」だけを23年間に渡って描く ちょっと変わった視点のラブストーリー。 イギリス、イタリアほか各国でベストセラー・ランキング1位となった同名の小説をもと...... [続きを読む]

受信: 2012年7月 7日 (土) 00時21分

» 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』人生が集約する1日 [Healing ]
ワン・デイ 23年のラブストーリー ★★★★ 友だち同士の関係を選んだ すれ違う男女の23回分の1日 作家志望、真面目でしっかり者のエマ(アン・ハサウェイ)と 自由奔放なチャラ男のデクスター(ジム・スタージェス)。 正反対な性格の男女の 出会いから23年間を、23年分の7月15日だけでつむいでいくお話。 同名ベストセラー小説の映画化です。 原作は未読。 スト... [続きを読む]

受信: 2012年7月11日 (水) 22時48分

» ワン・デイ 23年のラブストーリー よかったのか悪かったのか・・・不思議な映画だ [労組書記長社労士のブログ]
【=30 -3-】 昨日、映画を観た後、友人とばったり会った、「女房です」と妻を紹介したら、友人は「赤の他人です」と連れの女性を紹介してくれた、なんかそうとう可笑しくて、その後もずっと思い出し笑いするに至った。  大学の卒業式後に出会ったエマとデクスターはす...... [続きを読む]

受信: 2012年7月19日 (木) 09時38分

» ワン・デイ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ワン・デイ―23年のラブストーリー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、全体としてはエマ(アン・ハサウェイ)とディクスター(ジム・スタージェンス)とを巡る典型的なラブストーリーながら、特徴的なことが2点あるように思われます。  一つは、二人は、お...... [続きを読む]

受信: 2012年7月21日 (土) 05時44分

« 今日の点取占い189 | トップページ | 緑と赤のキャラメル »